« オーガニックコットンのジーンズ | Main | マクロビオティックはもう語りません »

July 21, 2007

イギリスへの旅

このポンド高の中、イギリスへ行ってまいりました(苦笑)。

毎年のことながら、マイレージでの無料航空券で行ったので
まあ、その分は安く上がったわけですが・・・。
それにしても高いですよー!
ポンドが高いだけでなく、物価の上昇が並でない!!
日本の長期デフレに慣れてしまったアタマには、
「景気いいんだねー・・・」としか思えませんでした(笑)。

ま、なにはさておき。
私たちの旅はホテルに結構お金をかけても、他ではあんまり
かかりません。
というのも、この国って別にお金かけなくても楽しめるように
なってるから。
あと過ごし方の違いもありますが・・・。

ロンドンでは、とにかくよーく歩いてました。
美術館など企画展を除いて無料のところが多いので、
十分楽しめます。
あ、でも企画展は有料だけはあるすばらしい内容ですよー。
テートモダンでやっていた「ダリ展」は、珍しいルイス・ブニュエル
監督とコラボした古い映画まで上映されていました。
企画内容がとにかくいい!!
日本の美術展も見習ってほしいくらい。

Img_0823_1

あとはいつも思うけど、ロンドンの公園のすばらしさねー。
ハイドパークもケンジントンガーデンもいいけど、
リージェントパークはこれまたすごいローズガーデンもあるし、
動物園もあるし、公園歩くだけでも普段の疲れがふっとびます。

そしてボローマーケットというフードマーケット!
肉・魚・野菜以外に、パンやチーズなどのお店も多いけど
今回はオイスターが大ヒット!
食べただんなは「今までで1番おいしい!!」と絶賛。
ここで買ったパイもタルトも本当においしかった!

Img_0811
Img_0810

その後ロンドン南東部のイーストサセックスに移動。
森の中のホテルでのんびりしました。
イギリスのよさは、この自然をただ守るだけでなく、
公開して誰もが自由に楽しめるようになっていること。
といっても何もないです。ただあるのは森だけ。
そこを自由に散策(トレッキングに近いところもあり)
できるのです。
ふかふかの大地を踏みしめ、野生の動物に遭遇し、
木や草のなんともいえない香りにつつまれて・・・。
こんな贅沢、他にどこでできるというのだろう。
どんなレジャー施設よりも贅沢。

Img_0852

類まれなる庭園や、プーさんの本に出てくる橋もありました。
この橋、なんともいえない木の雰囲気がいい。
庭園はどこをとっても美しい絵画のようでした。

Img_0892
Img_0938

ちょっと足を伸ばしたライという街は、こじんまりと美しい街。
こんな坂道の間に、とってもおいしいティールームがあったり。

Img_0920

私にとってイギリスはいつ行っても心がやすらぐところ。
イギリス自体にいろいろ問題はあるけれど、
でも揺るがないイギリスらしさがある。
そこが魅力なんだろうな。

|

« オーガニックコットンのジーンズ | Main | マクロビオティックはもう語りません »

U.K.」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« オーガニックコットンのジーンズ | Main | マクロビオティックはもう語りません »