« February 2007 | Main | April 2007 »

March 2007

March 31, 2007

ろばや最高!

吉祥寺のグルッペには以前から「ろばや」のコーヒーや紅茶を
置いています。
私も飲んだことあったし、知ってるつもりだったんだけど
実は本店にはもっといろんな種類があったのでした。

そもそものきっかけはグルッペの隣の材木屋さんで開かれた
収穫祭。そこにろばやさんがいろんなコーヒーを持ってきて
試飲させてくれたのです。
そのとき飲んだガヨ・マウンテン。
すっごーくおいしかった!!
私はあまりコーヒーは飲まないんだけど、そんな私も
これは何??と思うくらいおいしかった。
もちろんだんなはえらく気に入って、
「えー、グルッペで売ってないのー?ほしいー!」
とずっと言っていて、思い切ってコーヒーと紅茶を宅配で
送ってもらったのでした。

そのときとりあえず試してみたのが、普段グルッペで
扱いのない「イングリッシュブレックファスト」と「ミルクティ用」。
イングリッシュのほうは、ダージリンとアッサムのブレンド、
ミルクティ用はケニアをCTC加工(cut してcurlすることから
こう呼びます)したもの。

両方とも飲んだら・・・なんだー!このおいしさは!
目からウロコとはこのことです。

今までもインドのオークションで直接仕入れているという
人からネット通販で購入していて、そこもおいしいと思っていたけど
ろばやさんの紅茶は・・・もっとおいしかった!
オーガニックだから、フェアトレードだから、で頼んだのに
そんなことどうでもいいくらいおいしかった・・・。

試し買いはあっという間に消費してしまったので、
早速リピート買いしました。
紅茶の茶葉って生き物だわ・・・。
安全でおいしいなら、本当にいうことないです!
欲をいえば、グルッペでいつも扱ってほしい・・・。
お願いしたら置いてくれるかなあ。

200703310752000

| | Comments (0)

March 29, 2007

春のブラッシング

もともとパンが大好き。
今でも週末や、その他食べたいときにパンは食べます。

でも冬は感じないんだけど、春になるとパンが重くなる。
おいしく感じられるんだけど、カラダがしまってくる感じが
する。
で、背中や肩が固くなってくる。

なので、春はお風呂に入る前にブラッシングして
血行をよくしたり、余分なものを出やすくします。
前はホットタオルでこすっていたんだけど、
面倒だったのと、肌に負担だったのでこの方法にしました。

ブラシ部分で軽く全身をこすります。
特に手足は念入りに。力は絶対に入れずに。
毎日やると、すっきりして気持ちいいですよ。

200703290001000

| | Comments (2)

March 28, 2007

M Deli

今日、新宿伊勢丹の地下1階食品にチャヤのデリコーナーが
オープンしました。名前はM Deli。

仕事の外出帰りに部下の女性と立ち寄ってみました。
以前、伊勢丹のチャヤのレストランシェフだった丸シェフが
ご案内していました。
今はデリの担当なのかしら??
別にマクロビオティックの質問をすることもなく、次々と
お客さまがお弁当やお惣菜を買っていっていました。
うーん、ずいぶん浸透したもんだなあ・・・マクロビオティックも。

お弁当は今日は豆腐ハンバーグ弁当(ほかにもいろいろ
おかずは入っています)で840円。
お値段もまずまずです。玄米ご飯だけ、お惣菜だけ、という
買い方もできます。
玄米パエリアなんかもありましたよ。
スイーツは木の実のタルトや豆腐チーズケーキなど。
豆腐マヨネーズやピクルスも販売されていました。

私はお弁当を持っていたので買いませんでしたが、
部下の女性は早速買い。
実は彼女もすごく興味があって、すでに少しやっているそう。
おいしくて満足してましたよ。
マザーズのお惣菜コーナーはお弁当はなくお惣菜のみ。
チャヤとマザーズと両方買って食べてもいいですよね。

マザーズはこのリモデルで残念ながらショップは
なくなってしまいました。
野菜や調味料など買えるのが便利だったんですけど・・・。
場所柄、やっぱりお惣菜なんでしょうかねえ。
ま、これで少しは新宿も使えるようになったかな。

| | Comments (0)

March 26, 2007

買い物が変わってきた

2月の暖かさにつられて、3月にけっこうな量の「春物」
(一部夏物?)の買い物をしてしまいました・・・(汗)。
なのに、寒くてまだあんまり着れない・・・。
意地で着てたりするんですけど!(笑)
いかん、いかん、4月は節制しなくてはー。

でも買うものが変わってきたなあ・・・というのが実感です。
もちろん、好きなもの、似合うものを買ってるんですが
大量生産されたものより、細かい作業や手仕事のものが
好きになってきました。

フェアトレードやオーガニックなものが多くなったけど
必ずしもそれにこだわってるわけではないです。
そもそも「施し」や「寄付」のつもりで買ったりは
しません。
それは作ってくださる方に対しても失礼なこと。
その商品や技に魅せられて買い物してるだけなのです。

でもそれにしてもこの時代に贅沢なことですよね。
日本の手仕事は、量も少ないし高価でなかなか
手が出ませんが、いつか山ぶどうのかごを使い込んで
みたい、という夢もあるし・・・。
全身を「民族衣装」状態にせず(苦笑)、現代感覚で
着こなしていきたいな、と思います。

別にブランドものを否定してるわけじゃないですよん。
エルメスのスカーフなんて、あのシルクに1色ごとに
版を変えてプリント、ふちかがりは手作業です。
あの美しさ、存在感。
ああいうブランドものは尊敬に値すると思ってます。

最近お弁当に「手編みの箸箱」を持っていってます。
みんなに「かわいいー!」「どこで買ったんですかー?」
と質問攻め(笑)。
こうやってよさが広がっていくのがいいですね。

200703261943000

| | Comments (0)

March 24, 2007

coboの季節

3月の意外な寒さから、ようやく「春」が戻ってきた感じです。
でもまだウールのニットはしまえないなー。
少しずつ、少しずつ、春。

毎朝、窓を開けるとウグイスの鳴き声がしてきます。
まだ上手に鳴けないんだけど、春の気分が満喫できます。
四季のある国ってやっぱりいいな。

ところで、冬のお味噌の仕込み、糠床の復活、と
日々菌や酵母にはお世話になってますが、
暖かくなってきて、またcoboを新しく育てようと思ってます。

・・・実はもう何ヶ月も眠ってるcoboはいるんですよー。
ひそかにバルサミコ酢を目指してる山ぶどうとか(笑)。
日本酒の酒かすとりんごジュースのcoboは細々と
生きていますし。

でもフレッシュなcoboで新たにパンも焼きたいし、
ごはんも炊きたいですね!
去年はりんごに本当にお世話になりました。
あとローズマリーのは、ピザの生地にしました。
ふっくら発酵しておいしい生地になったんですよ。

そしてつい最近、ウエダ家さんの新刊

「新しいごはん」

が出版されました。

coboを使ったいろんなレシピが、以前よりバラエティ豊かに
紹介されてます。
去年11月に開催されたcobo net展に出展されていた
方々のレシピも。
もちろん、WFSの天野先生のものってますよ。

冬は冬で楽しいけど、季節が変わっていくのも楽しい。

200703241818000

| | Comments (2)

軌道修正

今年、花粉症から本格的に脱却したらしい(笑)私ですが
先週、突然くしゃみと鼻水が止まらなくなり・・・・

ガーン!・・・・飛び始めて1ヶ月もして再発か!?

と思ったのですが、よくよく自分を観察してみると
疲れていてだるい。
花粉が飛んでる・飛んでないにかかわらず鼻が出る。
なんて症状があり。

どうやら体調を崩す一歩手前の予兆だったようです(苦笑)。

まあ、特に今月は決算と人事異動の内示が発表されたり
根をつめて仕事していてお疲れ気味だったんですよね。

急に寒くなったこともあって、根菜の量を増やしたり
煮る時間を長くしたり、温めて早めにベッドへ。

翌朝はもうくしゃみも鼻も出ずに元に戻りました。

マクロビオティックをやっててよかったなあ、としみじみ思うのは
こんなとき。
ちょっとバランスを崩したのがすぐにわかるし、
その調整方法もわかってくると、大事に至らずに修正できます。
昔の人は教わらなくても普通にやってきたことだけど
現代の私たちは、もう教わらないとできない。
ご先祖さまは笑っているかも(笑)。

先日、今まで教室などでいただいたレシピを整理しました。

なつかしいですねー!どんなレシピ本よりも大切。

食事とスイーツとか、季節ごとに分類して探しやすくしました。
季節ごとに分けるのは便利ですね。

私の宝物としてこれからも大事にします♪

200703240842000

| | Comments (2)

March 21, 2007

オーガニックな暮らし

「天然生活」5月号が久々によかったです。

いろんなオーガニックな暮らしが紹介されているんですけど、
食だけに限定されずに、本当にいろんなオーガニックって
ところがよかったな。

その中にシフォンケーキの「歩粉」さんが出てるんですけど
ここ、いつも行ってる美容院の担当の人から教わったんですよね。
マクロではありませんが、やさしくてふんわりした味。

あとデコさんファミリーの発酵モノも。
デコさん特製の「こうぼっち」が紹介されてました。
デコさんところは石焼釜があるのがいいんですよねー。
ここで焼いたデコさんピザは本当においしかったです。
デコさんはあったかいうちにいろんなものを焼いてしまうんだって
言ってました。
そうそう、5月にデコさんのところでウエダ家さんとWhole Foods Studio
の天野先生のコラボイベントが開かれるので、すっごく楽しみ!

あ、話がそれました・・・(苦笑)。

あと「わたしのオーガニックカタログ」と題していろんな人の
お気に入りのオーガニックグッズも出てたんですが、
ここでもイチオシのskinwareが登場しててうれしかった。
ブラとショーツも出てましたが、コレ本当にかわいいんです♪
もちろん「寄せてあげて」なブラではありませんが、
夏になったら見せたくなってしまうブラ。

オーガニックな暮らしってある日突然始まるものではなく、
少しずつ少しずつ変化していくものだと思います。
なんか・・・つながっていくんですよね。

200703202343000

| | Comments (0)

March 17, 2007

roofの春ごはん

roofの今井さんのお料理教室、予定があったとき参加させて
いただいてます。

インテリアも食器もお鍋も、今井さんの人柄と一緒で
ほっこりした感じ。
もちろん作るお料理もほっこりおいしい。
でも量はダイナミック!
よくマクロ関係の教室でほんのちょっぴりの試食ということも
あるけど(小食を推進してますしねえ)、今井さんのところは
たっぷりいただけて、おなかも大満足です!(笑)

今月の春のメニューは、どれも素材も料理方法もトッピング
もとっても春!
玄米と菜の花のシュウマイは、以前今井さんがOrganic Base
のテーブルで出してくれた、蕎麦の実とひえのシュウマイを
思い出させてくれました。
あのシュウマイも好きなんだよなあ・・・あれは冬バージョンですが。
今日は丸麦も入ってて、菜の花のほろ苦さとあうんだよね。

春野菜とわかめのマスタードあえは時間がたつとどんどん
なじんで、いくらでも食べられる!!
これはいいですねー。

にんじんとレンズ豆のスープは、これまた具沢山!
なぜかカレー粉を入れていないのにカレーの風味が。
ローリエのせいかもしれませんね。
すごく甘くておいしかったー。

楽しかったのはテンペの花巻サンド。
これは花巻から手作りですが、アリサンのドライイーストを
使っているので、発酵も早いしふっかふかの食感です。
これに照り焼きにしたテンペと野菜をはさんでバーガー!
お花見のときにもいいですねー。
花巻は巻くときにいろんなものを塗ったり入れたりすると
おやつにもなります。
シナモンやドライフルーツ入れたら、なつかしのシナモンロール!

最後は小豆といちごのトライフル。
小豆といちごだけでもおいしいのに、さらに甘酒を重ねて
しかも1番上には桜の花びらを入れた寒天を!!
きゃー!かわいいー!
全部テーブルに並べたら、すごい量(笑)と華やかさで
豪華になりました!

一緒に参加された方は半分顔知ってる人たちでした(笑)。
お久しぶりに再会した人も。
さすが、手際はいいし、もういろんな話で盛り上がって
笑いっぱなしの時間を過ごせました。

しかしroofといい、mittenといい、Sante-Santeといい、
みんなほんわか楽しくておいしくて、いいスタンスですよね。
なかなか忙しい身ではありますが、時々こうやって
楽しい時間が過ごせたらいいなあ・と思ってます。

200703171313001
200703171300000
200703171313000
200703171302001
200703171315000

| | Comments (0)

March 16, 2007

ビオとリンカラン

クロワッサンの別冊「ビオ」がまた発売してましたね。

・・・でももう買いませんでした。

ちょっとマンネリな感じかなあ・・・。レシピも目新しくないし、
あまりおいしそうな感じがしなかったし。
だんだんマクロライフを送っている人の紹介みたいに
なってきましたね。
でもこのマクロライフを送ってる人たちって、驚くほど似てる!(苦笑)
ああ、こういう人っているよね。そんな感じ。

その中でおもしろかったのが、フランスでのマクロビアンの紹介。
パリのお店やスクール、実際にマクロに近いライフスタイルを
送っている人たちを紹介してました。
フランス人って、ベジタリアン率があまり高くない印象だったので
へー、こういう人たちっているんだね、って思いましたね。
ベジタリアンだけなら、イギリス人のほうが圧倒的に多いから。

ただ、彼らのいいところは、そういうライフスタイルを送りながらも
固執していないこと。柔軟性があること。
楽しい集まりや、週末の食事のときまでは気にしてないって
スタンス。そしてなにより家族を巻き込んでいないということ。
家族がステーキを食べたいときは、自分で作ってるわ、という
おおらかさ。
この辺はイギリス人もそういうスタンスが多かったかなあ。
いい意味での個人主義(対象はもちろん子供も!)。

私も日本でも海外でも「Vegetarian Only」ってお店には行かないです。
前は行ってたけどね。
でもそうなると、アンチベジタリアンの人とはつきあえないもの。
そんなことで、友人かどうかを決めてるわけじゃないから。
それは自分で家の中でやればいいこと。

それから、会社であまってた雑誌をもらうんですけど(笑)
「リンカラン別冊」の出産・子育ての本がすっごくよかったです。
あ、出産前の人にもいいですよ。布ナプの話もいろいろのってました。
助産院の紹介や、海外の子育てライフなど、ここまでまとまった本は
なかったかも。
ちょっと高いけど、保存版にしたいですねー。

200703162011000

| | Comments (0)

March 14, 2007

organic cotton clothing

オガニックコットンの洋服も本当にすてきなものが
増えてきましたね。

新宿伊勢丹の地下2階BPQCで見つけたコットンブラウス。
オーガニックコットンですが、すっごく柔らかくて暖かい!
スーピマコットンの90番手の糸で織ったものだそうで、
この柔らかさは今までなかった感触でした!

先日紹介したskinwareも驚くほどの手触りでしたけど、
こうやって幅が広がっていくのはうれしいことですね。

あわせたカーディガンがオーガニックコットンではありませんが
昔からの糸の紡ぎ方で紡いだのを編んだものだそうです。
これもふんわりあったかい。

あのキャミソールをインナーにあわせたらいい感じ♪

しかし、なのに寒くなってきちゃって・・・(苦笑)
まだまだウールが手放せないです。

200703140750001

| | Comments (2)

March 13, 2007

Open the Window

私は朝起きたら、まず部屋という部屋の窓をばっと開けます。

それからベランダで深呼吸。植木に水をあげます。

意識して深呼吸しないと、普段の生活で大きく呼吸することは
あまりない。
肺から酸素を大量に取り入れることによって、全身にいきわたる。
特に机に向かうことが多い人、うつむくことが多い人は
肺を狭めてしまっているので、意図的に胸を開くことが大事なんだそうです。

今は花粉の季節ではあるけれど・・(苦笑)。

写真は先日作ったマリネ。
かぼちゃ、にんじん、ピーマン、れんこん。
オリーブオイルで焼いてマリネ液に漬け込みました。
かなりガツンとした味で、夫には好評。
私にはちょっと濃かったかなー。
男性にはこういう味が必要みたいです。

200703111824000

| | Comments (0)

March 11, 2007

味付けとトッピング

暖冬といいつつ、なかなか宅配野菜に山菜が入ってこない。
もしかしたらこれも暖冬の影響なのかも。

健菜で山うどが入ってきたので、早速きんぴらに。
よく皮をむいてアクを抜いて・・・といわれるけど
私は洗ってそのまま太めの千切りにするだけ。
うどだけだと、色がさみしいのでにんじんも加えることに。

マクロビオティックでは、料理にお酒やみりんはあまり
使わないとありますが、このへんも自分がどんな味に
仕上げたいかで考えて使っています。
高菜と油揚げの煮びたしには、蔵の素というお酒をプラス。
高菜はかなりほろ苦いので、甘みがあったほうがいいかな、と。
うどのきんぴらは、迷いましたが、煮浸しに使っているので
あえておしょうゆのみで。
にんじんもうどももともと甘かったらしく、すっごく甘く仕上がりました。

きんぴらは、割としっかり味付けして水分飛ばした方が
おいしくできる気がします。
これまたありがちなのですが、薄味にしようとして味がぼやけて
しまうことがあります。
しっかり味のあるもの、蒸しただけで素材の味を楽しむもの。
メリハリがないと、全部食べても満足感のないぼんやりした
献立になってしまいます。

Whole Foods StudioのKIIXで「車麩のオニオンスープ」を作ったときも
たまねぎをしっかりウォーターソテーしたために、味付けの
白味噌を入れて味見したらものすごく甘くて。
ぼやーんとした味・・・。
みんなで相談して、おしょうゆを足して引き締めることに。
次に味見したらぴっと締まり、なおかつ甘さもあるという
絶妙な味に仕上がりました!

あと、重要だなあと思っているのがトッピング。

このうどとにんじんのきんぴらも、トッピングにブロッコリー
スプラウトをあしらいました。
見た目もきれいになるけど、それ以上にぴりっとした
辛みが甘さを引き立てるんですね。
ごはんに小口ねぎをのせたり、スープにパセリを散らしたり。
あれは見た目だけでなく、味のバランス、季節のバランスも
とる上ですごく重要な役割を果たしているんですよね。

そのほかのメニュ-は・・・
玄米ごはん(ササニシキ)、かぶとねぎとしいたけと昆布の
お味噌汁(自家製麦味噌と黒大豆味噌)、長いもとのりのあえもの、
白菜とザワークラウトのプレスサラダ、高菜と油揚げの煮びたし、
さわらの塩焼き、自家製糠漬け(大根、にんじん)。
集中して作ると、味がみんな決まってうれしいです。
今晩はがらっと洋食メニュ-にしようかな。

200703111001000

| | Comments (6)

March 10, 2007

自分のカラダも地球のカラダも

先日NHKで気になるニュースをやっていました。

遺伝子組み換えの作物を栽培していないオーストラリアで
栽培を強要されている農家が多いということ。
ご存知の通り、アメリカやカナダでは大豆・とうもろこし・なたね
じゃがいも・・・などなど多くの作物が遺伝子組み換えで
大量に栽培・収穫されています。
当然価格が安く、オーストラリアの作物は太刀打ちできず
遺伝子組み換えに変更するか否かを迫られているというのです。

この遺伝子組み換え、なんとなく問題にはなってるな・・・と
思いつつ、農薬ほどの危険性はないのでは?と思われている
ところがあります。

実は実は、こっちの方が将来的に大問題。
もちろん、たんぱく質の遺伝子を操作しているために
新たなアレルゲンが発生する恐れがあるというのもありますが、
自然界になかった植物が誕生したということで、すでに生態系を
破壊しつつあります。
しかも、特定の農薬には強いがある農薬は使わないとだめ、
みたいなものもあり、農薬散布が増しているという実態もあります。

でも日本で栽培されてないし、と思われるかもしれませんが
ところがどっこい、市販の食品はほとんど「遺伝子組み換え食品」
と思った方がいいです!
こんなに自給率の低い日本、輸入大豆もお菓子によく使われる
コーンシロップのとうもろこしも、みーんな遺伝子組み換え!
油はまず国産の材料だけを使ったなたね油やごま油以外は
ほぼ当てはまると考えて間違いないそうです。
この辺は狂牛病にはうるさいくせに、認識の甘い日本。
私たちは知らないうちにどんどん摂取してます。

最近思うのは、「あれを食べたらいけない」とか「この食べ物が
カラダにいい」とか言う前に、その中身をもっと考えた方が
いいんじゃないの?ってこと。
野菜だからいい、肉は全部だめ、とか言ってるけど、もしかしたら
オーガニックな牛乳や国産の有機飼料を食べて育った牛や豚の方が
ずーっとマシなのかもしれない。

よく行くお店に「True Food Guide」が置いてあって一部もらって
きましたが、まあ・・・意外と怪しいもの多いですね。
しかも生協で販売してるものも結構アヤシイ。
あまり市販品は買いませんが、参考として見るのはおもしろいですよ。
グリーンピース・ジャパンのWEBサイトからも請求できます。

自分のカラダも大事だけど、この先の地球のカラダも
もっと考えたいなあ。

200703101614000

| | Comments (0)

March 08, 2007

手仕事

ざるとおはしと食器洗い用のコットンタオル。

すべて手仕事で作られたもの。

ざるとおはしはバングラデシュから。タオルはフィリピンから。
1つ1つ丹念に編まれたざるは驚くほど丈夫で使いやすい。
おはしは手が当たるところに巻いてあってすべらないようになってる。
タオルは大阪のカトリック教会が、フィリピンのカトリック教会から
買ったもの。教会が貧しい仕事のない人に教えているものだ。
これもとても目が詰まっていて、洗いやすい。

人が作ったものって、なんとしっくりくるんだろう。
100円ショップで買えば似たようなものは買えるかもしれない。
だけど、違いは使えばすぐわかる。
そして使い続ければもっとわかる。

200703082150000

| | Comments (0)

March 06, 2007

野菜ごはん

月森紀子さんの新しい本「野菜ごはん」を買ってみました。

レシピ本を買ったのは本当に久しぶり!(笑)
最近、本当に読まなくなっていたので。
でも月森さんのは別!だって、普通においしいんだもん!

で、この「野菜ごはん」。
タイトルの通り、野菜をメインにしたごはんです。
前の2作(特に前作)と比較して、作りやすいものが多いですね。
なので、もう似たようなものはすでに作ってるのもあったりして・・・。
人によっては物足りなく感じるかもしれません。
ただ逆に言えば、活躍度は高いかも。
調味料の使い方とか素材の組み合わせ方などは、
さすが!と思わせるものも多いので参考になります。
まあ、この本の通りでなくアレンジしやすいのもいいかな。

今回の特徴としては、ひじきの煮物や切り干し大根の煮物
など、ごく普通のお惣菜を4種類アレンジしたものが
紹介されてます。
残り物の活用に便利・・・と思いつつ、すでにやってるものが
やっぱりあって、ちょっぴり肩透かしな部分もあったかな。

とはいえ、どんぶりものからパスタ、スープまでバラエティ
豊かなメニューは、1冊持っててもソンはないですよ!
私は「豆腐の甘酒味噌漬け」を作ってみたい!!
そうかー、豆腐の味噌漬けに甘酒かあー。
以前、WFSで白味噌に漬けた豆腐がおいしくてびっくりしたけど、
甘酒は絶対おいしいだろうなあ・・・。
って、もうやったことある人いるかもね!(笑)
200703061959000

| | Comments (0)

March 05, 2007

うかたま

今日「うかたま」最新号が届きました。

定期購読してるんですよー。毎号とっても楽しみなので♪

今号は「草摘みにいこう」。

草摘みかあ・・・実はやったことも行ったこともないです。
多少は草の種類はわかりますが、食べたことは・・・。
東京の草ってどうなんだろ??って思ったり。
公園はほとんどがペットのお散歩コースなので、汚染が心配だ・・。

でも、ちょっと郊外に行ったら摘んでみたいな。
ハイキングしながら草摘んで、その場でサンドイッチにしちゃうとか。
ゲランドの塩を持っていってパラっとかけてサラダにしちゃうとか。
どっちにしろ、よく知ってる人と行って教わらないとね。

あ、もちろん「うかたま」には普通の山菜の料理法やビン詰めの
方法も紹介されてましたよ。

春はぐーんと上に伸びていくエネルギーをいただく季節!
野草や山菜でいいエネルギーほしいね。
200703052106000

| | Comments (2)

March 04, 2007

さよなら花粉症

暖かくなって急にマスクをする人が増えました!
そう、いよいよ本格的に花粉の季節到来。
今年は量が少ないと言われていますが、マスク人口を見ると
そうでもない気がします・・・。

実はもうここ3年花粉症の症状が出ていません。
今年も平気です。ごくごく普通に生活してます。
以前、というか結婚前、実家(東京ですが)にいたときは
全く花粉症ではありませんでした。
結婚後、環境が変わったせいか、翌年から花粉症の症状が
出始め、毎日薬を飲んではぼーっとしている状態でした。

その後、今の家に引っ越してきて少しずつオーガニックな
生活を送るようになり、薬はやめてハーブ(ネトルやアイブライト)を
取ったり、ホメオパシーのレメディを服用していました。
ただ、花粉症はホメオパシーでも体質と大きく関わるので
ちゃんとホメオパスに見てもらう必要があります。
薬はなくても平気にはありましたが、以前目もひどいし鼻もくしゃみも・・
という感じでした。

玄米を食べ始め、マクロビオティックに近い食事にしたところ、
翌年の春はうそのように症状が軽くなりました。
マスクは手放せなかったのが、なくても平気になったのです。
その翌年は全く症状が出なくなり(ただ花粉の量が少ない年
だったからというのもあるかも)、今年も今のところ全く平気。
ハーブもレメディも必要なくなりました。

花粉症を始めアレルギーは乳製品が主な原因とされていますが、
正直言って私は乳製品を断ってはいないし(量は激減しましたが)
どっちかというと、動物性が徐々に抜けてきたためかな・・・と思います。
マクロビオティックに近い食事といっても、最初の1年は普通に
魚は週に何回も食べていましたし、肉も今より食べていました。
そのうち、魚の量も減り始め(食べたくなくなってきた)3年目に
なったらほとんど魚を食べなくなっていました。
これは無意識です。やめようと思ったわけじゃないです。

あと、やっぱり質の問題でしょうね。
以前、ボディワークのクラスでカラダのゆがみをチェックしたとき
私のカラダには化学物質が結構残っていることがわかりました。
薬や添加物・農薬などです。
昔から残っているものがちょっとずつだけど、抜けてきている
結果が、花粉を感じなくなってきているのかもしれません。
乳製品も、食べるときは肉や魚もできるだけちゃんと育てられている
ものを取るようにしてます。(野菜はもちろんですけど!)

去年、春にマスクをしないで住宅街を歩いていたら、あちらこちらから
花のいい香りがしてきて、深呼吸できる幸せをしみじみ感じました。
花粉症になる前の私はこうだったんだ!
ってなつかしく思いました。

ただ、今まで書いてきたのはあくまでも私のケースですので
全員に当てはまるものではありません。
いいサイトがありましたので、リンクしておきます。
参考になるといいですね。
「マクロビオティック」

写真は今年買ったオーガニックコットンのキャミソールたち。
もうすぐシャツやカフタンのインナーで活躍します!
200703031001000

| | Comments (4)

March 02, 2007

タウトロッフェン

ガッスールで洗顔や洗髪をしてるお話を以前書きましたが、
その後の保湿はどうしているかというと・・・

最近は「タウトロッフェン」!

ここのバルサムやオイルを愛用してます♪

もちろん手もちのホホバオイルや精油をブレンドしたオイルも
使うんですけど、ここのバルサムやオイルはレベルが違う!
って感じです。

ここは、肌と髪のケア製品において、世界で最初にデメター認証を
得た会社で、原料はすべてオーガニックです。
そして乳化剤や保存料などは一切入れてません。

自分で化粧品を作った人ならわかると思うのですが・・・・
水を入れると腐りやすくなり、防腐剤を入れる必要が生まれ
水と油を混ぜるために乳化剤が必要になり・・・とどうしても
添加物を入れるようになってしまうのです。
化粧水は仕方ないとしても、クリームや乳液はテクスチャーの
なめらかさを求めると、どうしても水分が必要・・・・
で、油とミツロウで作られたバルサムが登場するってわけです。
開封前なら2年以上持つそうですよ。

世の中で自然派をうたっている化粧品はたくさんありますが・・
よーく見るとパラベンだPGだ、アルコールだって添加物が
入ってます!
ジ○リークやニー○ズヤー○なども入ってますよー。
(一部オーガニック認証を受けたものは入ってません)
タウトロッフェンのは、ほんのちょっとで伸びてすごく浸透するし、
こんなにシンプルケアなのに、翌朝の肌がつるつるで違います。
化粧水は手作りしてますが(少量作れるので保存料入れなくて
すみますよね)保湿は当分これかなー。

クレヨンハウスやカリス成城で売ってますよ。
小さいのにちょっと高い?と思われるかもしれませんが・・・
実際は使う量もちょっぴりですよー。

200703010725001

| | Comments (0)

March 01, 2007

春のきざし

3月になってまだちょっと寒いけど、確実に春は近づいている。

ベランダのチューリップも伸び、バラには新芽が次々生まれてる。

今年も花粉症を感じないので、ますます春が楽しみに。

お花見はいつになるかなー。

200703010727000
200703010728000

| | Comments (0)

« February 2007 | Main | April 2007 »