« お気に入りの布ナプ | Main | 本物の野菜は »

September 16, 2006

ホメオパシーは深い

先々週あたり、ものすごい肩こりとともに腸が硬くなり動きが悪くなりました。

今までそんなことなかったのでびっくり。
でもおなかを押すと硬いし、痛いし、そのうち食べたあと腸に
いくころになると痛み出すようになってしまいました。
便秘はしてないんだけど、とにかく動いたりするとぎゅ-っと
痛む。胃や腸の経絡にそってツボを押したり、いろいろ
やりましたがなかなか根本的には治りませんでした。

陰性なものを食べ過ぎたかなあ・・・。
でも症状的に陰性の症状!?
とも思い、ごまかしながら仕事してました(つらかった・・・)。

で、ふとまだホメオパシーを試してないことに気づき、
由井寅子先生の「ホメオパシー in Japan」という本を
読んでみました。
ちなみにこの寅子先生という方、日本でのホメオパシー界の
カリスマのような存在です。
イギリスでホメオパシーを学び、現在はセミナーなどでも
活躍されています。

この本は、レメディがどういう症状に効く、ということだけでなく
どういう由来のものなのか、どういう性格の人向けのものなのか
などがイラスト入りで書かれていて、私にとってバイブルの
ようなもの。
今回読んでいて、あっと思い当たるレメディがありました。

それは
「怒りを押し殺して、いい人であるとにこにこしているけれど
その怒りがたまっておなかがぎゅーっと痛くなる」
というものでした。

とにかく8月が猛烈に忙しくて、自分の分だけでなく人の分まで
必死になって仕事をこなしていました。
でも同じやるなら楽しくやらなきゃ!とばかりにカラダもキモチも
無理をしていたようです。
それがぎゅーっとたまっていたのかも。

寝る前に1粒服用して、その後夜中に急激におなかがぐるぐる
動き出し、トイレにかけこみ・・(笑)、そしてすっきり!
翌日はうそのようによくなってしまったのです。
しばらくは服用を続けていましたが、数日で本当によくなって
しまったのでやめました。
あまりの効き目にびっくりでした!

しかし現代人は、薬や注射を多用してきたためなかなか
レメディがヒットするのは難しいそうです。
特に日本人は。
またハーネマンがホメオパシーを始めたころと現代が
大きく違ってきているのも、マクロビオティックと似たところが
ありますね。

もっとホメオパシーを勉強したいなあ・・と思っています。
しかしあまりに深すぎて・・(苦笑)。
詳細はホメオパシージャパンのサイトをごらんください。
本については、左にリンクしておきましたよー。


|

« お気に入りの布ナプ | Main | 本物の野菜は »

アロマセラピー・ホミオパシー・マクロビオティック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« お気に入りの布ナプ | Main | 本物の野菜は »