« May 2006 | Main | July 2006 »

June 2006

June 28, 2006

白雪の詩でじゃぶじゃぶ洗う

うーん、そろそろ本格的に暑くなってきましたねー!

しかし食生活を変えてから、暑さ・寒さにめっぽう強くなり、
多少の温度変化にはびくともしなくなりました。
冷房病も夏風邪もほんとごぶさたなのです。
(会社はがんがん冷房入ってますよー笑)
着るものでもそうですが、自分でかなり温度調節ができるように
なったのかも。

秋冬は1日おきにシャンプーするだけの私も、さすがに
この季節は毎日よーく洗います。
で、昨日ねば塾の「白雪の詩」を夏用として復活させました。
これって無添加の石鹸の名前です。
でっかい白い石鹸が2つで265円。
すごーく長持ちします。

これで顔から身体、髪の毛まで洗ってしまいます!
よく髪の毛は石鹸使用の人は、石鹸シャンプーで洗わないと、と
思ってることが多いですけど、固形石鹸全然問題ないですよ。
むしろ、石鹸シャンプーより密度が濃いのでしっかり洗えます。
2度洗いなんて必要ないですよ。
石鹸シャンプーは使いやすくて、今までのシャンプーから切り替えるときは
いいですよね。あと香料も入ってて気持ちいいし。
ただ、水分がある分成分が薄まっているので汚れやすい季節には
使用量が増えます。

どうやって固形石鹸で洗うの?
かんたんです。ぬらした髪にそのまま何箇所かこすりつけるだけ。
あとは普通に洗うとびっくりするくらい泡がたちますよー。
リンスも買わなくても、かんたんに作れます。
以下はよく行く美容院の人から教えていただいたレシピ。

精製水500ml、クエン酸60g、好きなエッセンシャルオイル合計35滴、
椿油小さじ1、はちみつ小さじ1(椿油とはちみつはオプションです)

これをよく混ぜるだけ。かんたんでしょ?
エッセンシャルオイルは髪にいいローズマリーや殺菌効果のある
ラベンダー、すっきりとユーカリなどお好みで。
35滴以下ならこんなに入れなくても大丈夫です。

「白雪の詩」は髪も皮膚もきめ細やかに洗いあげてくれます。
以前は頭皮や身体がかゆくて大変でしたが、すっかり忘れてしまいました。

夏こそ石鹸!ですね。

| | Comments (0)

June 24, 2006

梅干tips

今、梅干用のかめを注文中です。
届いたら早速梅干の仕込みに入りたいんだけど・・・。
お願い!日曜に着いてー!平日夜にやるのはあまりにしんどい(苦笑)。

NHKの「きょうの料理」の6月号が漬物特集でした。
糠床のお手入れに、梅干のコツなどなどいろいろ参考になることが
満載でした。あなどれないな、このテキスト。
それにしても60年間梅干を作り続けてる人が出ていて
(ご自宅には歴代の梅干のびんが置いてある倉庫まである!)
圧巻でした。
それにしても梅干って何年たっても悪くならなければ食べられるんだ。
作るときと保存に注意が必要だと思いますけどね。

そのテキストにのっていたこと。
梅酢は何年でも保存可能だそうです。
買うと一応賞味期限が入ってたりしますが・・。
ちゃんとした梅酢は常温でOKだそうです。
あと、梅干の種のおもしろい活用法として、綿の袋に入れて
入浴剤にするとお肌がつるつるになるとか。
へー。
私はよくごはん炊くときに入れてますけどね。
今度やってみようっと。

あ、先週仕込んだ梅シロップ順調にエキスが出てきてまーす。
今週は飲み頃になりそうです。

| | Comments (0)

June 21, 2006

地球の食卓

別のところでもちょっとご紹介したのですが・・・。

先日、本屋で「地球の食卓」という大きくて分厚い本を発見。
世界24カ国の普通の家庭の1週間分の食料と家族が
写真で紹介されています。

立ち読みし始めたら・・・かなり真剣!(笑)

百聞は一見にしかず。というのはまさにこのことです。
難民キャンプで生活している人、開発途上国の人、
配給制度が残る社会主義の国の人・・・。
こういう人たちと、清涼飲料水と加工食品であふれた
先進国の人。
あまりの差に愕然とします。

しかし、一見豊かに見える先進国の食材の貧しいこと・・・。
パッケージばかりですよ。ファストフードとか。
それからマクドナルドやKFCがいかに世界中に浸透しているかも
よくわかります。
オーガニックにこだわった家族(そのわりにパッケージばかり?)
もいるかと思えば、毎日ギリギリで生活してる家族もあり。
ショックなのは、グリーンランドにまで加工食品やスナックが
押し寄せているということ。
そのうち地球を制覇する日も遠くはないな・・・。

また、急成長している国も興味深いです。
特に中国。都心部と農村部は同じ国とは思えないほど
食材が違う。
都心部は、欧米各国と全く変わらない食卓。
中国の医食同源の思想はいったいどこへ・・・。

日本も東京と沖縄が紹介されていますよ。
写真だけでなく、文章もおもしろいし、コラムも興味深いです。
立ち読みでいいや、と思ったのに、ざっと読み終わるころには
買おう!って決めてました(笑)。

左のほうの「おすすめの本」にリンクしておきました。
いいお値段の本ですが、このボリュームと内容の深さで納得です。

うーん、昨日もワールドカップとこの本のおかげで寝不足だ・・(涙)。

| | Comments (6)

June 17, 2006

やっと梅酒だ

もう1週間前に青梅が届いていたにもかかわらず・・・。
忙しくて梅酒も梅シロップも作る時間がなかった!

今朝もWFSだったんだけど、なんとか行く前に梅を水につけて・・。
帰宅してからみりんにつけました。
大きいビンがないので2つに分けましたが、これで500g。
残りは梅シロップへ。

Img_0304

まだ梅干用の梅は来ていません。
届いたらそれもやらなくちゃあ。
今、吉祥寺へ散歩に行っただんなにカメを探させてます(笑)。

それにしても、お味噌に糠床、そして梅酒に梅シロップ、梅干・・・。
面倒をみてあげないといけないものが盛りだくさん!
ペットをたくさん飼ってるみたいだね(笑)。
糠床も元気いっぱいですよー。ふかふか気持ちいいです。
かき混ぜるのは、朝起きたときと帰宅したときの習慣になりました。

高温多湿な日本の気候がいやだったけど、そのおかげで
発酵モノがおいしくできる。
そう思って梅雨も乗り切りたいですネ。

| | Comments (4)

5年ぶり

Img_0303

連日の雨で5年ぶりにあじさいが咲きました!

どうして毎年咲かないのかなあ。よくわからないけど。

我が家のベランダ、今カラフルです♪

| | Comments (2)

June 13, 2006

ちょっとしたtips

マクロビオティックを始めてから覚えて、すでに当たり前になっている
ちょっとしたtipsがいくつかあります。

まず、お味噌汁を作るとき、お味噌をすり鉢ですってから入れること。
我が家は1種類ではなく、必ず合わせ味噌にしてるんですが、
静かにすることで、2つのお味噌もなじみとろとろになります。
それをお鍋に入れて、また静かに数十秒ごく弱火で煮る。
これだけで本当においしいお味噌汁になります。

教室で初めて比較の試食をしたときの驚き。
なんてお味噌汁がまろやかでやさしいのだろうって。
ちょっと面倒かな?と最初思ったけど、毎日やってると
これも当たり前のように。
毎日飲むお味噌汁だから、逆においしくいただきたいよね。

それと、おしょうゆや油は必ず火を通すこと。

これもやるとやらないとでは全然違う。
火を通すことによって消化がよくなり、身体への負担も減ります。
おしょうゆをそのままかけてたときは、辛くてのどが渇いたけど、
火を通すだけで大丈夫になりました。
ごま油を使ったドレッシングを時々作るけど、
取っ手つきのステンレスの計量カップに材料を入れて
小さな泡が出てくるまで熱する。
このひと手間で、これまた全然違う。

こういう小さなtipsが、1つ1つの料理の味に関わってくるんだな。
おおげさな料理をしなくても、こんなちょっとのことで
いつものごはんがおいしくなる。
これもマクロビオティックから学んだことかもしれないな。

| | Comments (9)

June 07, 2006

今の子供の食生活

6月4日(日)NHKでやっていた子供の食生活の番組を見ました。

広告代理店が千葉県のとある小学校の家庭の食事を
調べたもの。3食写真に撮って提出してもらったものです。

驚くことに、ごはんなのかおやつなのかわからない食卓が多い。
お皿に市販のスナックだけがのったもの。
コンビニのおにぎりにコーラを添えてあるもの。
あと、家族で食べるものがあまりにもばらばら。
親子3人で全く違うものを食べている家庭も。
番組では、「好きなものだけを食べる家庭が増えている」と
報じていました。

実際に家庭におじゃましてみると、出されたものは嫌いなら
絶対に手をつけない。おいしそうな魚料理や野菜は絶対食べない。
そうすると、冷凍食品が子供のためだけに出てくる。
牛丼やコロッケなどなど・・・。

番組では食事に偏りの話が多かったけど(実際肥満で入院して
食生活を改善しようとしている子供たちが出ていたし)
私はそれよりも、出されたものを無視する子供に親が何も
言わないことに驚いた!
「そのうち好き嫌いはなくなると思うので、特に何も言いません」
という母親。
せっかく3世代の家もあるのにおばあちゃんも何も言わない。
冷凍食品をただ温めている。
そして男親の存在は全く感じられないし。

たしかに最初から何も好き嫌いがない子供はあまりいません。
でも親は、なんとか食べさせようとしていました。
うまく料理法変えたり、もちろん怒るし。
何も言わず好きなものを出す、なんて考えられない。
それは本当に子供ためなの??

あとは食生活以前の生活リズムがぐちゃぐちゃなんですね。
寝る時間も遅いし、朝起きなくても何も言われないし。
(当然朝は食べなくなります)
これは大人の生活時間が夜にシフトしてしまっている弊害
なんですけどね・・・。
生活のリズムが整って、元気に動けるようになれば
おなかもすいて・・・・って健康な生活になると思うのですが。
塾もあるから難しいですね・・・。

でも確実に言えるのは、この先日本の長寿は終わりを迎えるということ。
今のお年寄りの身体と、現代の若者の身体は根本的に違う。
長寿より前に医療費も絶対的に増えていくでしょう・・・。
そう考えると、1人の子供のことというより全体的にもっと真剣に
考えるべき問題だと思います・・・遅いけど。

| | Comments (4)

« May 2006 | Main | July 2006 »