« May 2005 | Main | July 2005 »

June 2005

June 30, 2005

頭や心にも栄養を

あちこちで寒天が品切れです。

普通のスーパーもそうだけど、グルッペでも影も形もなかった。
相変わらずの情報社会だなあ・・・とちょっとうんざり。
会社でも「寒天買いたいのに買えない!」という人続出。
なんだよー、今まで見向きもしなかったくせにさ。
きっと使い切る前に飽きちゃうくせにさ。

と、情報はたくさんあるのに「教養」はない。
今ってそういう時代のようです。

最近とある会社の社長さんのお話を聞く機会がありまして。
その方は、普通のサラリーマンだったときも事業を起こして
社長になった今も、毎月ものすごい量の本を購入しているそうです。
「教養」は読書量に比例する。
そして、社会的に上にあがっていけばいくほど、「教養」が必要に
なってくる。
その「教養」は短期間でつくものではない、日々積み重ねていくしかない。

うー、結構痛いところを突かれた思いです。
日本のトップでこの「教養」を重視してる人って少ないと思う。
でも確かにトップになってこそ、「教養」って必要。
人と人とのつながりや、世界での広がりには、ビジネステクだけじゃ
通用しないのです。
パーティで、仕事や経済関係の話しかできない人って多いですよね。

私はえらくもないし、えらくなる予定もないけど、「教養」の大切さは
すごく感じます。
みんなインターネットで情報だけはカンタンに手に入るけど、
歴史に宗教、音楽に美術、そういう深い世界ってそうそう
カンタンにわかるものじゃない。
その社長さんもおっしゃってました。
「ハウツー本や成功事例の本は役に立ちませんよ」

身体への栄養もいいけど、頭や心にも栄養与えなきゃ。
レシピ本ばかり買ってる自分に反省。
7月のイギリス旅行は、栄養与えの旅にしようと思います。

| | Comments (4)

June 28, 2005

バトン受け取ったよ

chosi_tさんから渡されたバトンを受け取ることにしましたよん。
(TBを見てください!)
今、あちこちでこのバトン見ますねー。
しかしもう渡す人がいないような・・・。誰かもらいたい人いる??

Q1 コンピューターに入ってる音楽の容量
うーん、わかんない。調べればわかるけど。Media Playerやi Tuneにいろいろ入れてる。
だんなにはあまり入れるな、と怒られたりする。

Q2 今聴いてる曲
i Podに適当に入れてるから、これってあげられないなあー。
1週間もすると飽きてくるから、そうしたら入れ替える。
仕事で外出するときの友ですね。

Q3 最後に買ったCD
安くなってたから買いなおしたQueenのNews of the World。
古いのが安くなってるとついつい買っちゃう。

Q4 よく聴く曲・思いいれのある曲5曲
5曲は難しすぎ!選べないなー。
それに気分でコロコロ変わるから・・・今の気分で選んでみました。

①モ-ツアルト/ピアノ協奏曲第20番
生まれて初めて生のコンサートを聴きにいったときの思い出の曲。
NHKホールで、ピアニストはゾルタン・コチシュ。
若干12歳の私でございましたー。(笑)
でもものすごい衝撃くらいました。今でも私のベストです。

②Led Zeppelin/Stairway to Heaven
あらまた渋い曲?言っておきますが、リアルタイムで聴いてたわけじゃないですよー。
中学生のとき、当時好きだった男の子がレコード貸してくれました。
これもノックアウトされた・・・。

③Billy Joel/Leninrad
ちょっとマイナーな曲ですが・・・。初めて聴いたとき涙がこぼれた曲です。
メロディもいいけど、歌詞が素晴らしい。

④Queen/My Melancholy Blues
うーん、これもマイナーだな。でも好き。
昔はこういう曲好きじゃなかったんだけど、20過ぎたら好みも変わってきた。
これはねえ・・・絶対Freddieじゃないと歌えないね。

⑤Keith Jarette/My Song
じゃあ、ジャズも・・・ってわけで(笑)。結構王道な感じだけど、これも
胸がふるえる感じかしら。ジャズもねえ、実は結構聴くんだよね。
でもやっぱりピアノ好きだったりする。

こんな感じかなー?
本棚も音楽も、その人がわかっておもしろいやら恥ずかしいやら。
さて、バトン渡す人、考えておきますね。
音楽好きな方、よろしく!

| | Comments (2)

June 26, 2005

鳥肌がたったデザート

うー。暑い・・・。

今日の我が家のおやつは、よく冷やしたメロンと水なし炊きの
とうもろこし(グルッペで購入)でした。
どっちも甘かったー。満足。

金曜のスタンダードは、思い切り実習の日でした。
振り替えの人が多く、全部で7人。
講師の方2名(遠藤さんと根岸さん)を入れても9人でした。
この人数でごはんものからデザートまで、5品作ったので
結構忙しかったです。

この日の実習
○玄米ごはん きのこの中華風あんかけ
○キャベツのポタージュ
○わかめのサラダ 豆腐ドレッシング
○蒸し青菜
○甘酒ゼリー

私は、もう1人の人とポタージュと青菜を担当。
主にポタージュを。
このポタージュ、とろみは野菜だけでご飯も豆乳も葛も入れません。
玉ねぎとキャベツの甘み、味つけはシンプルにちょっとの塩だけ。
玉ねぎのウォーターソテーで甘みが決まってしまうから、もうドキドキ。
シンプルな料理は本当にちょっとのことで味が決まってしまう。
マクロビオティックのおもしろいところであり、怖いところであり。

それにしても、今回もシンプルなおいしさを味わいました。
きのこのあんかけは、結構強めの味でしたが、
わかめも、わかめそのものの味がすごくおいしかったし、
蒸し青菜も、ほろ苦さがおいしくて。
付け合せのにんじん、とうもろこしの水なし炊きも美味!

そして、もうびっくり鳥肌ものだったのが甘酒ゼリー。

甘酒を使ったデザートは私も何回か作ってます。
久司先生の本に載っていたものから、教えてもらったものまで。
でもこのゼリーはとにかくびっくり。
なんていったらいいんだろう・・・。今まで甘酒ってこういうものって
いう概念が変わったような味でした。
もちろん甘酒をよくミキサーで粒をなくしたり、舌触りの部分も
あったとは思うけど・・・バツグンにおいしかった!としか言えないです。

このデザートは遠藤さんが主に作ってくれました。
すごいなー、ほんとに。
きっと私が同じレシピで作っても、あの味出せないだろうなあ・・・。
うーん、いろんな意味でまた精進な日々だわ。

鳥肌がたったと言ったら、マネージャーさんに笑われてしまいました。
でもねー、本当にたったんですよー、マジで。
シンプルな料理、私もがんばろうっと!

| | Comments (7)

June 24, 2005

甘露七福神

こないだ仕事で外出中、途中下車して「甘露七福神」へ行ってきました。
へへ。忙しくても、こういうところはなんとかしてしまう。
行きたい、行くんだ!と強く思ってると機会はやってくるものなのかも?

正直言って、知ってる人しか行かないような路地。
でも一発で見つかったんですけどね。
落ち着く店内。私の他に女性の2人連れがいただけでした。

お昼の時間だったので「七福御膳」を注文。
かわいらしいお重に入って出てきました。
(写真はごめんなさい、ないです。撮らないほうがいいような
雰囲気でしたので)
ふっくらやわらかいちまき。1つ1つ丁寧に作られたお惣菜。
わらび餅もとってもおいしい!
そして皆さんおっしゃっていたように、三年番茶がすごく
まろやかでおいしいんです。

その後会社へ戻るというのに、夕食後のデザートとして
「塩あんみつ」をお持ち帰りしてしまいました(笑)。
あんみつを用意してくださってる間も、番茶でゆっくり。
あー、おいしい。

その日の夕食後、早速「塩あんみつ」をいただきました。
おいしーい!
お持ち帰りのため、アイスクリームがついてないのは
残念なんですけど、塩が利いたあんこってこんなにおいしいんだ。
あんこが苦手の私も大丈夫!
しかし何にもましておいしかったのは・・・寒天!!
こんなに繊細でおいしい寒天って初めて食べました!
ところてん食べてみたいなあ・・・これじゃ。
でも豆乳アイスも食べたいし・・・。
ああー、今度はおやつタイムに行かなくちゃ!(笑)

どうしてこの場所にマクロな甘味処があるの?と思ったけど
巣鴨という町にあるからあの雰囲気なのかなあ、と
行ってみて思いました。
絶対繁華街にはあってほしくない!
下町にしっとりとあってほしい。
そんな風情のお店でした。

教えてくださったみなさま、ありがとうございます!

| | Comments (6)

June 20, 2005

どうして食費を削るのか

雑誌「プレジデント」を読んだ。
特集は「金持ち家族、貧乏家族」。前もこの特集ってあったな。

と、この特集には直接関係ないけど、ふと疑問がわいた。

「どうして食費を削るのか」

主婦向け節約雑誌は毎月毎月、飽きることなく食費の節約に
ついてあの手この手で書かれています。
貯金を増やす、ひいてはマイホームを手に入れるために
とにかく食費を削る!!
家族4人食費が月1万円になったらバンザイ!ってな感じ。

しかし、なぜ食費ばかり削るんですかね?
多分多くの主婦にとって、自分でコントロールできる1番大きな
出費が食費なんだと思います。
だんなのおこづかい減らすより、まずは食費を削るわけですよ。

でもね、正直言って食費を削るのなんてささいな節約です。
もっと節約したかったら、そんな変動費削るより固定費を削るべきです。
賃貸に住んでるなら、安い家賃の部屋に引っ越す。
車を所有しているなら手放す。必要なときにレンタカーを利用する。
携帯電話を見直す、もしくはやめる。
この方がガーンと節約できますよ、ほんと。

それより、まずは食費を削ろうという考えが怖い。
だって、食事は全ての源。
今がよければ、だけでなく将来を考えれば簡単に削れないはず。
家族全員の健康、仕事、将来がかかってるんですよ。
外食費は減らしても、毎日の材料は絶対に削っちゃいけないと思います。

よく「オーガニックは少しでいいから高くても」とか「長持ちするから
結局はお得」とか言われますけど、別に言い訳する必要ないと思う。
オーガニックは高い。だけどおいしいんです。それだけ。
高いだけのことはあるんです。
作り方、手間隙、いろんなこと考えると高くても当たり前。
食材が異常に安かったら逆に疑ったほうがいいとさえ思います。
そもそも高い、安いの基準って何?
オーガニックがちょっと高くったって、ブランドもののバッグと
比較したら・・・たいしたことないじゃない?(それは飛躍しすぎか・・・)

というわけで、私は払う価値のない外食はやめて、
その分、普段の食費は惜しまないことにしてます。
別にグルメしてるわけじゃないです。
キャビアやフォアグラ買ってるわけじゃないし、
オーガニックな食材を思い切り使う!!
別に贅沢でもなんでもないですよー。

食費削って医者通ってるんじゃ、意味ないよね、うん。

| | Comments (12)

June 17, 2005

穀菜和食

ちょしさんオススメの「穀菜和食」(松本光司著)早速入手しました。

かなりぶ厚いどっしりとした本。
お値段も3150円也。

でも買う価値あり!の素晴らしい本でした。

題名からしておわかりのように、和食のメニューがバラエティ豊かに
紹介されています。もちろんスイーツも。
でも副題の「マクロビオティックの基本を学ぶ」の通り、
最初の部分に基本の話、そして玄米の炊き方、お味噌汁の作り方、
基本中の基本もしっかりていねいに押さえられています。

他のレシピもとても丁寧な作りです。
工程が写真で押さえられていたり、時々コラム的な話が入っていたり
写真も美しく、本当によくできた本!

最後の方は四季にあわせたおもてなしメニューが揃ってます。
ここまで作れたらいいんだけど・・・精進おせち、チャレンジしてみたい。

最近レシピ本が氾濫していて、妙に外国風(カフェ風?)だったり
手が込んでいたり、毎日の食卓には不向きなものも多いですよね。
でもこの本は、毎日の食卓にものせたくなる!
(ま、手が込んだものもありますよー)
これぞ、マクロビオティックな和食!って感じです。

典子先生の本は、今日届く予定。
なかなか本屋で見かけないですねー。場所にもよるのかしらん。

| | Comments (7)

June 15, 2005

椿屋の夜

先週に引き続き、外食が続く今日この頃・・・。
でもその外食がほとんどマクロビオティックになりつつあります。
身体への負担はあきらかに違いますね。

で、昨日はOBやWFSで何度もご一緒しているMさんからの
お誘いで、あの「椿屋」さんへ。
総勢5人でわいわいと楽しんできました。
みなさん、ありがとう!誘ってくれたMさん、Thanks!

200506141928000.jpg
本日のディナーセットです。相変わらず携帯写真はよく撮れない・・・。
メインは山芋のガレットです。

実は北千住は何度も通過しているのに、降りるのは初めて。
他の人もみんなそうだったみたい。
細い路地はひしめきあってますが、よく見ると怪しげなお店の間に
なかなか味のあるお店も多いように思いました。
いや、探索してみるのもおもしろそうですぞ。

お店の場所はなかなかわからないですねー、あれは。
今回は千代田線1番出口から、お店に電話してナビしてもらって着きました。
所要時間は1分くらい。でもナビしてもらわないと絶対わからない。(笑)

八百屋さんの2階がお店ですが、平日の夜でもかなりにぎわってました。
常連さんも多いようですね。普通のサラリーマンもいたし。
日替わりのディナーセット、あれで1260円は絶対安い!
じゃがいもの煮物とか、マクロでないものも入ってましたが
手も込んでいて、おいしかったですよー。
味もそんなに薄味ではないので、普通の人でも大丈夫だと思います。
(しかし、すでに私の味覚も当てにはならないが(苦笑))。

お酒大好きTさん(ゴメン!)含め3人はビール3種類頼んでました。
どれも軽くて飲みやすいって言ってましたよ。
飲めない(飲まない?)2人はデザートを。
きなこロールケーキをチョイス。
これは月森さん新作の「ナチュラルスイーツ」にも掲載されてます。
さつまいもクリームに柿、のところがさつまいもクリームに
パイナップルになってましたが。(写真撮り忘れた!)
他のフルーツでもおいしいと思いますよー。

こないだのグルッペといい、こういう普通ごはん風なマクロビオティックが
好きだなあー、やっぱり。
チャヤさんのようなおしゃれな食事は、移行時や時々はいいけど、
やっぱりこういうごはんがおいしいと思う。
月森さんご本人は写真で拝見するより、すらっと背が高くてきれい!
(失礼しました・・・)
ごちそうさまでございました。

へへ、実は来週もこの「椿屋」に行くことになってます。
今度は何が食べられるかな?楽しみ♪

| | Comments (8)

June 13, 2005

軽井沢にて

週末は軽井沢に行ってきました。

土曜は雨にたたられましたが、日曜はすごくいいお天気!
焼けてしまいました、はい。

でも雨でも東京のようにうっとうしくない。
なぜだろう、と思ったら、東京では雨が降るとにおうドブのような
においが全くしない。
逆に緑や土のにおいが深くなって、いいにおいに癒されるのです。
雨っていいにおいだなあ・・・と思って深呼吸。
東京の雨はクサイ。

2日間の食事はマクロは無視して(少しは選択してたけど)
普通に楽しみました。
夜は隠れ家のような一軒家のレストランで。
ここは和のテイストが利いたフレンチイタリアンなのですが
野菜の甘みが生き生きしてました。

あとは温泉に入って、寝て、本読んで、また温泉入って。
こんな感じにゆっくりのんびりしてました。

ひとつ、残念というか腹が立ったことが。
お昼によく行くお蕎麦やさんに行ったときのこと。
天ぷらをだんなと2人で分け合い、ざるそばをいただいたのですが、
隣のカップル(2人ともかなり体格がよかった)は天ざるを2つ注文。

私たちより遅く来たのに、すぐ帰ってしまったので
ふと隣のテーブルを見ると、食べ散らかしたざると食べ残した
天ぷらの残骸。
彼女のほうは、天ぷらはえびだけ食べてあって、野菜は全く
手付かず。
彼のほうも、天ぷらも残り、お蕎麦も汚く残っていました。

言っておきますが、ここの天ぷらは季節感がありさっくりと軽くて
本当においしいんです。
山菜や地元の野菜がふんだんに使われています。
なのに・・・手もつけてない。
だったら注文しなきゃいいのに。
まあ、食べられない事情があったのかもしれないですが
非常に悲しかった。
おいしくいただいた後に見ただけに悲しくて・・・。
食べ方って人が現れるなあ。

と思ってはっとしました。
「肉は食べない」
とばかりに肉だけよけてる私って、同じように見えてるのかも。
だったら注文するなよ!と思ってる人がいるかも。
人のふり見て、わがふり直せとはこのことですね。

昨日の夜はむしょーに玄米が食べたくなりました!
やっぱりうちのごはんはおいしいね、と普通のごはんにホッ。
さて、1週間のスタートです。

| | Comments (6)

June 10, 2005

グルッペのレストランで

外食続きの今週です!
冷蔵庫の野菜たちの出番は・・・・?
オーガニックな野菜は長生きするとはいえ、早くお料理してあげなきゃ。
といいつつ、週末は軽井沢だし。うーん。

昨日はグルッペのレストランへ。
ここは昼間、仕事の合間に行ったことはあっても夜は初めて。
たけおさんのblog読んで、行きたいなーと思ってたところに
元会社の同僚からの「ごはん行こうよ」メールで、
よし!グルッペにしようと決定。

この同僚は、数ヶ月前からマクロを始め、ゆるゆると実行中。
でも確実に効果は出ているそうで、なんと7kgもやせたそう!
元々細い人なのにー。
それにチョコ大好きだったのに、番茶を飲み始めてから
気がついたら全然食べてなかったそうです。

グルッペでは精進天ぷら定食をセレクト。
小鉢がいろいろ出てきて、うれしいー。
野菜の炊き合わせも甘くておいしいー。
ゆかりごはんはすごーくたっぷり出てきて、もう満腹。
精進天ぷらもあまり揚げ物を食べないせいか、もうどっしり。
デザートはもう入りませんでした・・・。
いいわー、ここ。
それでも味が少し濃く感じました。
いかに自宅で薄味かということを実感しましたね。
でもチャヤよりずっとやさしい感じ。ほっとする味です。

お互い無理せずゆるゆるやっていきたいね、なんて話をしてました。
こうやってマクロな仲間が、今までの交流関係から生まれるのって
うれしいことです。

帰りは荻窪からバスに乗ったらすごーく早く着いてびっくり。
近かったんだ・・・荻窪って。
チャリで全然OKだな、なんてチャリでどこでも行く私は思ってしまいました(笑)。

| | Comments (4)

June 09, 2005

元気をいただきました

昨日は充実した休日でした!

洗濯は2回もして、シーツまでさっぱりしたし、
テーブルクロスはこないだ「コットンフィールド」で買った
リトアニア製のぱりっとしたリネンに変えたし、
アイロンはかけたし、吉祥寺でのんびり買い物したし
そして夜はOrganic Base Tableで楽しんだし!!

今月のtableのテーマは「パーティ」。
フィンガーフードがメインで、ちょっとしたおもてなしに
ぴったりなメニューばかりでした。
昨日が1回目なので、詳細はお楽しみということにしておきますね。

OBでもよくお会いするYさんが、会社の同僚・後輩を3人連れて
来てました。なんでもマクロビオティックに関心がある
人たちばかりなんだとか。
説明するのが難しいから、ととにかく味わってもらおうと
思って誘ったんだそうです。わかるー、その気持ち。

3人の方は、もう興味津々でしたけど「おいしい!」を連発!
横でYさんは一生懸命、説明してました。
がんばれー!「布教活動」!?(笑)
tableってこういう導入にいいですよねー、私もそうでしたもん。

という方々以外に、何度もお会いしてる方、先月もご一緒した方、
現在プロコースに通われてる方、先日プロコースを卒業された方・・・
なんかとってもバラエティ豊かな面々!(失礼!)
もうみなさん混じってすごく盛り上がりました。
Yさんの会社の3人の方も、マクロビオティックっておいしいし
こうやって楽しく実践してる人がたくさんいるんだってこと、
感じてもらえたらうれしいですねー。

そして今プロコースに通われているMさんに久々にお会いしました。
すごくきれいになってて、本当にびっくり!
肌はつやつや、目はきらきら、本当にすっきりきれいになってました!
忙しそうだけど、充実した日々を送られているんだなあ、と
思いましたね。

昨日も元気をいただきました。みなさま、ありがとうございました。

200506081927000.jpg
これはメニューのうちのひとつです。

| | Comments (4)

June 08, 2005

Bye!不要なものたち

今日は代休でーす。ふう・・・・。
ずっと忙しいが、これからさらに忙しさに拍車がかかりそう。
今夜はOrganic Base Table。
疲れた心と身体をここで癒そう・・・・。

先月、仕事の担当が変わったため机を移動したのですが
昨日も担当で大引越し大会。
今週新しいバイトの人が来るからなんだけど、
この機会にキャビネの中など、いらない書類を一掃!

実は結構「捨てられる」派の私は、去年担当が変わったときも
前任者の古い書類をかなり処分した。
中には、ここ5年ほど開けたこともないファイルもごっそりあって、
キャビネに入らない新しい書類が机の上に積み重なっていた。
これじゃ本末転倒だよなあ・・・・と一気に処分!
もちろん上司に見てもらって、捨てていいものにしましたけど。

そして昨日も掃除の合間に仕事してた(笑)くらい捨てました。
でも捨てられない人って多いんですよねー。
私は個人的に不要なものばかりで、本当に必要なものが
出てこないのがどうにもだめなので、(モノを探す時間って
1番ムダだと思うんですよね・・・)ガンガンやってしまいます。

考えてみれば、旅行のときも女性とは思えないくらい
荷物少ないです。(笑)
迷ったら持って行かない。なくてもなんとかなる!
しかしだんなは男性とは思えないくらい荷物多いです(爆)。
うちの夫婦って時々逆転してることが多いなあ・・・。
テレビやPC、オーディオの配線は私が得意だし、
そういう機械系は私のほうが新しいのに飛びつくし、
だんなのほうが仕事がていねいだし(笑)。
やっぱり私の陽性さがなせる業かなあ・・・でも昔からそうだったけどね。

と脱線したけど掃除の話。

もうすっきりきれいな仕事環境にしたので、心も晴れ晴れ!
会社でも気が滞っていたのかもしれない。
なんかすごく元気になってきました。ウレシイ。

最近入手したiPodにお気に入りだけ入れて出歩いてるのも
元気の源ですねー。

| | Comments (2)

June 06, 2005

夏のバランス

暑くなってきました!

昨日は昼間は夏のようでしたね。今日も暑くなるとか。
まだマクロビオティックを始めて1年にならない私には
これからの季節は未知の世界。
どういうバランスを取っていったらいいんだろう。

だんなが玄米が食べにくくなったといい始めました。
水分量を増やし、時には白米も少し混ぜて、炊く時間も短めに。
これで少し食べやすくなったようです。

そして問題はおかず。
自分が何を食べたいかを考えると・・・やっぱりさっぱりものなんですよね。
さっと蒸したものとかゆでたものとか。
だんなは生野菜を食べたがっています。
10分以上火を入れたものも取らないと・・・と
思っているんだけど、しっかり煮たものはどうにもこうにも
箸が進んでくれません。

火は通していても、味付けなんかで食べやすくする方法って
ないでしょうかねー。
そしてじっくり系の夏向きの食べ方ってあるのかしらん。
夏といっても、電車も会社も冷房が効いていて、
本当の意味の夏ではない気がするんですけど。
むしろ、冬よりこれからの夏のほうが調節は難しいですねー。

今夜のメニュ-もどうしよう。困ったなー。

| | Comments (4)

June 04, 2005

コンピレーションアルバム

「ベストクラシック100」というコンピレーションアルバムがAmazonの
売上No.1になっているそうだ。
だんなが前、「このアルバム買おうかなー」とつぶやいていたっけ。
なんと、クラシックの名曲100が6枚組のCDに入って
たったの3000円!
これだけ聴くとそりゃーお買い得って思います。

しかし、Amazonで調べてみたら・・・・
確かに100曲入ってはいるけれど、曲のサビだけだったり
冒頭部分だけだったりするらしい!?
なんだー、だから100曲も入ったのかあー、納得。
しかし、途中でフェイドアウトしてしまうのだろうか・・・うーん。

同様にブルーノート100ってのもあって、こちらも見てみましたが
確かに名曲中の名曲ばかり。
しかし、こちらの評はみんな厳しいですね。星1つばかり。
ジャズの抜粋ってクラシックよりもひどい気がする。
すごく消化不良を起こしそうだ・・・。

子供の頃からピアノloveでやってきた者として、
曲って最初から最後まで聴かないと成り立たない!って
強く思います。
交響曲もピアノ協奏曲も、よく第1楽章だけとかの
取り上げられ方しますけど、あれもなんだかなーと思う。
全部の章を続けて聴いてこそのよさなのに。
長いけど、やっぱり最初から最後まで通して聴いて
初めてその曲自体が理解できると思うんですけど・・・。
そんなこと言ってるからクラシック音楽は敬遠されてしまうのか??

ロックでもポップスでも、最近はベストアルバムばやりで
(なんたって売れるからね)おいしいとこ取りな感じがします。
アルバムも1枚まるまる聴いて、やっぱりテーマを感じたと思います。
よくも悪くも、レコードからCD,MDになり、ネットでダウンロード
するようになると、「アルバム」という存在そのものがもう
希薄になってきてるんでしょうかねえ・・・。
もっともアーティスト自身が、アルバムを意識して作ってるのか
どうかも最近は疑問ですけど。

そういう意味では繰り返しレコードを続けて聴いてた昔のほうが
音楽のよさにどっぷり浸かっていたような気がする。
i pod shiffleを買おうとしつつ、こんなことを思ったのでした。

| | Comments (2)

June 03, 2005

滞った気

今週はstrictで行くぞ!と誓いつつ、なかなかうまくいかないなー。

で、ふと気づいたら読んでない新聞が4日分もたまってた。
うちは朝刊・夕刊セットでしかも2紙購読しているため
それだけで16!!うひゃー。
部屋のかたづけも掃除もなんとなくできてなく。
部屋の気が滞ってる感じがする。
週に1回はテーブルクロスを変えて気分転換はしてる
んですけどね。

しかし、なぜだか時間がないのですよ。どうしてだ?
料理して食べて片付けて、お風呂入って洗濯にアイロン・・・
必要最低限のことしかやれない。
新聞とかテレビとかもう後回し。
最近みなさんのblogも見るのもおろか、ましてやコメント
している時間がない。
まあ、睡眠3時間でも生きていければできるんだろうが・・・
私は最低6時間はないとダメだからなあ。

でも、生活環境が乱れると食も乱れますよね。
もう実感してます。
週末にまとめてやっていた家事が、週末にイベント続きで
できてないというのが原因なのはわかってるんだけど。

あー、明日は1日フリーだから絶対周辺きれいにする!!
気が通る環境にする!!
今日も千葉まで外出だー。


| | Comments (4)

June 01, 2005

もう一度セルフヒーリング

私のマクロビオティックを模索し続ける今日この頃。
やっぱりなんだかお疲れモードです。
ガンガン流れる情報、ドンドン出版されるレシピ本、お会いする人から
聞くいろんな話・・・なんだかもう混沌状態。
もう、みんな走ってる状態ですよね。
理想のマクロビオティックに向けての。
時間もお金もすごく使って走ってる気がする。

私自身はボチボチな感じなのですが、一向に疲れが取れない。
で、もう一度手に取ってみたのが
「セルフヒーリング・クックブック」

最初読んだときは、ずいぶんやさしく(ゆるく?)書いてるなあ。
「こうすべき!」がなくて、独特の書き方だなあという
感想だったのですが・・・。

久々読んだら、すごくうなづける。
春だから○○を食べましょう、夏だからこういう調理法にしましょう、
知識としてあって、カレンダー見て実践してた感じ。
でもそうじゃなくて、自分が今どういう気分なのか、
またどういう気分になりたいのか、想像してみる。
そしてなりたい気分で調理法を選ぶ。
ただきんぴらを作るのではなく、今、きんぴらが食べたいか。
いやもっとさっぱりしたものが食べたいか。
まさに「セルフヒーリング」。

読むだけでやさしい気持ちが取り戻せる。
知識じゃなくて、自分と向き合ったものを選択する。
なんか忘れてたなあ・・・こういう気持ちって。
もう一度全部読み返してみて、初心に帰りたいと思います。

| | Comments (4)

« May 2005 | Main | July 2005 »