« October 2004 | Main | December 2004 »

November 2004

November 30, 2004

お風呂に入りたい!でも・・・

今日はやっと歯の治療に行ってきました。

結局会社の近くの歯医者を先輩に紹介してもらいました。
今後通うことを考えると近くないと大変だしね。
ってわけで、会社から徒歩3分くらいの歯医者へ。
うーん、長くかかりそうです・・・。

休みなのにこんなところうろうろしていたら、絶対誰かに
会いそうだ・・・と思ってたら1番上の部長に遭遇!あちゃー。
しかも私より部長のほうが先に気づいて声かけてきた。
すみません、見つかりたくなかったんですぅ・・・。

ところで、何度も書いてるけど私は本当に乾燥肌!
ボディローションのなくなりが早くて大変不経済なのです。
でもお湯につかってるだけなのに、それでも油分ってなくなっていくのよね。
ってことはつからなければいいってこと?

というわけで、昨日はお風呂はわかさず。
ただし、足が冷えるので足湯をしました。
ぬるくなるとお湯を足して、本を読みながらのんびりと・・・。

翌日が違いましたねー。乾燥の仕方が違う!
毎日お湯につかるのも、皮膚にはけっこう負担だったのかも。
向こうの人って硬水ってこともあるけど、ほんとシャワーちょっと、だもんね。
でも冬の日本だって同じくらい空気が乾燥してるんだから
これでもいいのかな。
ああ、でも日本人としてのDNAが湯船を呼ぶー!

あ、出張中のだんなから連絡がきて、なーんと雪で転んでけがしたらしい。
(今日は旭川です)
明日整形外科へ行くって言ってたけど大丈夫なんだろうか・・・?
駅まで迎えに行くつもりです。

| | Comments (0)

マクロが取り上げられないわけ

実は昨日から1週間お休みでーす。
ここらで疲れを癒したい気分・・・・。

昨日の夜、お誘いを受けて新宿のチャヤでお食事会。
(本橋さん、ありがとうございました!)
典子先生のblogでもご紹介されていた漫画家、浜口奈津子さんがご一緒でした。
先生はいらっしゃれなかったんですけどね。
来月24日に発売だそうですよ。
まんがになるとどういう風に表現されるんでしょうかねえ・・・。
でもマクロを全く知らない人を対象にするわけだから
難しいですよね。

そのとき浜口さんが雑誌からの切り抜きを持ってきました。
某ビジネス誌にのっていた「砂糖のPR」ページでした。
すごいですよ、タイトルが。
「砂糖は環境にも身体にもやさしい食べ物です」
こんな感じだったと思います。

読みましたが、書かれていることは間違っていないけど、
なぜそれが「環境と身体にやさしい」ことになるのかが
さっぱりわからない内容。
(砂糖をあげると子供の表情が明るいだの、砂糖はすばやく吸収されて
即エネルギ-になりやすい、だの)
表情が明るくなった=身体が欲している=身体にいい
ってな図式ですかね?無理あるよなあ。

雑誌や新聞などなどスポンサーのからみで表現がかなり制限されるそうです。
そりゃ「肉だめ」「砂糖やめましょう」「牛乳よくないよ」なんて書いたら
広告収入が大きな収入源の出版社としては大変なことになってしまうんですよね。

漫画家・赤星たみこさんは石鹸(合成洗剤でなく)のよさを
いろいろな場所でアピールしていますが、
先日朝日新聞の朝刊で石鹸が取り上げられたとき、
担当記者はとても苦労していたそうです。
「石鹸は合成洗剤よりよく落ちる」と言いたいところを
「石鹸で洗うと驚くほど白くなります」などなど。
かなり表現を和らげて書いてあったそうです。
それでも取り上げられたこと自体、画期的だって言ってましたけどね。

マスコミ関係でなかなかマクロビが取り上げられない理由が
わかってきたような気がしました。
「はなまる」でどういうふうに紹介されていたかはわからないけど、
まず民放は無理だし、NHKも慎重な姿勢のよう。
オレンジページやマガジンハウスは逆によく出しましたね、って
感じなのかなー。(スポンサー、チェックしてみようかしら)

情報はうのみにせず、自分でよく考えることが大事ですねー(しみじみ)。

それにしても、最近外食続き。肩こりひどいまま。
今日も朝抜きました。粗食で行こう。

年末大掃除しないので、今週チョコチョコ掃除する予定です!

| | Comments (8)

November 28, 2004

Potluck Cafe楽しいね

井の頭公園第2回Potluck Cafeに参加してきましたー!

すごい人数集まりました!
企画してくださったブニャンシカさん、いろいろおいしいものを提供して
下さった参加の皆様に感謝!
(私はかぶしか持っていけなかった・・・ごめんなさい)

私は途中で参加してくださったマネージャー以外は、初対面の人ばかり。
でもハンドルネームやエピソードを聞くと、
「ああ!あの人!」
ってなるからおかしい。
だいたい自己紹介がおかしかったですね。
私も「こんにちは。けろです」なんて言ってたわけですが。
(かえるのマグカップで密かに自己アピール?)

Organic Baseつながりの人が多かったですが、そのお友達、ブニャンシカさんのお友達
それにblogを見て1人で参加してくださった男性(マクロビアン)。
いろんな人といろんな食べ物、あっという間の3時間でした。

それにしてもみなさん、お料理が上手!すばらしい。
何を食べてもおいしくて、自分のレパートリーの少なさを改めて実感・・・。
あと、みなさんとても楽しんで普段も作ってるんだなあ、っていうのが
わかって私も楽しくなりました。
あとどれも安心して食べられるっていうのがうれしいよね。

なんか顔とblogが一致して、これからますます書き込みが楽しくなりそうです。

帰りにグルッペで買い物。買いすぎ・・・。

| | Comments (4)

ひよこまめとそば米のコロッケ

さっき(今は朝です)出張に行くだんなを駅まで歩いて送りました。
ひどいですよねー、日曜なのに北海道出張ですよ。
それも決まったのは2日前。
ぽかぽかの東京から氷点下の稚内へ。
そのあとは旭川へも回るそうで。
来週末も札幌らしい。休みを返せー!!

そんな私も昨日は出勤でした。
終日PCに向かって分析をしていたので、目も肩もこりこり。
身体にいい仕事したいなー、全く。

帰宅してからコロッケの制作開始!
実はしゅうまいでそば米使ってから、すっかり気に入ってしまったんですよねー。
フライパンで炒ってから炊くと香ばしいし、おいしいし。
ひよこまめとそば米のコロッケを作ることにしたんです。

炒めたたまねぎを入れ、ぼそぼそ感は豆乳を入れることで解消しました。
粉をまぶし、水溶き全粒粉と有機パン粉をつけて、なたね油で揚げるというよりは
焼く感じで。(そば米がひき肉のように見えるんですよね)
ほくほくおいしいコロッケの完成!

あとはけんちん汁とひじきと大豆の煮物(これは昨日の残り)、かぶのプレス。
これまた好評で完食!でした。

なんか雑穀って楽しいわー。おいしいし。
今まで玄米に混ぜてただけだったので、世界が広がった感じです。
炊いたひえもおいしかったし、今度もちあわやもちきびも使ってみたいな。

やはりだんなとしては、満腹感のあるメニューだといいみたいです。
野菜だけでなく、このへんの雑穀もうまく使っていきたいですね。

そしてこれから井の頭公園Potluck Cafeなんだけど・・・。

なにしろ買い物に行ってなくて食材がない!
コロッケも全部食べられてしまったし・・・。
というわけで、グルッペさんのかぶで作ったプレスサラダを持っていくことにします。
簡単なものですんません。
グルッペさんのまるまるしたかぶなので、きっとおいしい(はず)。
あ、昨日と今日はグルッペさん、全品10%オフの日ですよー。
(と、勝手に宣伝してみました)

| | Comments (2)

November 26, 2004

やっぱり外食つらいなあ

お手当てが効いてすっかり調子も元に戻りました。
人間の身体って不思議ですねー。

昨日は上司と外出で、お昼はうどんのチェーン店に入りました。
「うどんならいいか!」と思ったんだけど、甘かった。
だしがねー・・・キツイのですよ。妙に甘いし。
全然飲まなかったのに、会社に戻ってからのどが渇いて仕方なかったです。
ああいうお店のだし汁って強すぎますね。
お味噌汁もそうですが、あとでのどが渇くんです。
あーあ、吉祥寺だったんだからGreen Tableに行きたかったなー。
1人だったら行ったんだけど。難しいなあ。

ところでおとといのしゅうまい、本当に好評でした。
さすがに1日で食べきれず、昨日も蒸しなおして出したんですけど
だんなはまたもやペロリ。もちもち感がいいのかも。
それにしても炊いたひえとそば米がまだ余ってますー。
これって保存可能ですかね?
いくら何でもまたすぐしゅうまい(餃子にしようかと思ったけど
中身が一緒じゃあねえ・・)っていうのもどうかと思って。

そうそう先日のOrganic Base Tableでご一緒した方の
ご紹介でマクロのMLに参加することになりました。
本当、仲間が増えるのが1番うれしいんですよねえ。
私なんてちゃんと教室に通ってるわけでなく、本読んで実践してる
だけだから、他の方からの話って参考になるんですよ。
サーフィンするblogもすごく増えてしまって、毎日は見れないんですけど・・・。

それに12月のイベントにも応募しました。
抽選だからなあ・・・どうだろう。
年末ジャンボとOrganic Base とどっちが当たるか!?
(おいおい、確率が違うだろうって)

| | Comments (2)

November 25, 2004

自己回復力

昨日はひさびさに平日の休みだったので、気がゆるんでしまいました。

その前の日はOrganic Base Tableで楽しく、夕食もだんなと楽しく。
とってもいい1日だっただけに、反動が激しかったんでしょうねえ・・・。

とにかく食べ過ぎ。
おやつに焼きいも、加藤農園の蒸しパン、なんて多すぎましたね。
午後になったらだるくなり肩凝りに頭痛・・・。
すごーく調子が悪くなってしまいました。最悪です。

夕食には10月のtableに出た「ひえとそば米のしゅうまい」。
なんだか具が多くなってしまい大量にできてしまいました。
まだ実は余っているので、水餃子にしようかしらん。

しゅうまいを作るにあたり、出たれんこんのしぼり汁を煮て飲んだり
梅醤番茶を何杯も飲んだり、お風呂に入ったり・・・・
それですぐベッドにはいったため、翌日に残さずにすみました。
はーやれやれ。

でもこうやって自分で手当てして回復するってできるんですねー。
以前の私だったらすぐ薬飲んだりしてたと思うんです。
だいたいそれでも1日じゃ治らないもんでしたけどね。

イギリスにステイしてたとき、家の人はちょっと風邪をひいても
薬なんて飲まず、紅茶にウィスキー入れて飲んでましたね。
あとは足湯したりとか。
自力で治すのが普通だったんです。

ホメオパシーも普通のことですよね。
Bootsみたいな薬局にもごくごく普通に置いてあったし。
私自身もAinsworthsのホメオパシー基本セットを持っていて
セルフで使っています。とってもマクロ始めてから具合が悪くなることが
少なくなって出番があまりないんですけど。
1回ホメオパスにかかって、体質改善してみたいんですけどねー。

しかし・・・全然関係ないけど、今日お昼食べてたら歯が取れてしまった!!
治療したところの根元が腐ってたみたいなんです・・・。
痛くはないんですけど、どこで治療しようかなあ・・。
もう何年も歯医者に行っていないので。うーん。

あ、しゅうまいも好評でした!

| | Comments (3)

November 23, 2004

Organic Base Table 秋のイタリアン

行ってまいりました、Organic Base Table!

マネージャーさんが
「1番盛り上がった回です」
とおっしゃったのが、あながち大げさではないくらい盛り上がりました!
ご一緒に参加していただいた皆様、ありがとうございました。

今回はご夫婦が2組。
1組の方は高知にお住まいということで・・・本当にマクロの輪って広い!
2組ともにご主人がとても積極的だったのが印象的。うらやましー。
なんと言っても「奥様への愛情」をひしひしと感じられたのでした。
マネージャーさんもそうですが、マクロやってる男性は
特に奥様を大切にされる方が多いのかしらん。

それに先月のtableでもご一緒された方も数名いらっしゃって、
正直言って初参加の先月はけっこう緊張したんですけど、
今日は本当にリラックス。心から楽しめました。

お料理は「秋のイタリアン」。
おいしかったですよー。グリッシーニって家で作れるのね。
デザートのタルトもこっくりとおいしくて、動物性のものを使っていないとは
思えないおいしさでした。
近藤さん、今井さん、今月もごちそうさまでした!

tableは実習がない分、みなさんと会話が楽しめるのがいいですね。
もう普通にマクロの話ができるって、気持ちが解放されます!
お隣に座っていた方(高知からいらしたご主人のほう)も、
「こんなにマクロビオティックのことを話せるなんて、感動だ」
なんておっしゃってました。うん、同感!
苦労したこと、きっかけのこと、おすすめのレシピに、マクロなお店の紹介・・・
話題が尽きないですね。
先日井の頭公園で行われたPotluck cafeに参加された方もいましたよー。

そして早速今日の夕食に作ってみました!(早いでしょ)

作ったのは前菜にマリネ、きのこのリゾット、ミネストローネ、野菜の包み焼き。
材料はうちにあるものと、今日グルッペさんで買ったもので作ったので
微妙に違います。
リゾットのきのこはブラウンマッシュルーム(好きなので)、ミネストローネの
豆はひよこ豆、野菜もあるもので。

結果は大成功!!

だんなは「おいしい、おいしい」とペロリ。嬉しそうでした。
ああ、よかった。
特にリゾットは本当においしかったです。また近いうちに作ろう。
お料理に豆乳を使ったのも初めてでしたが、まろやかでおいしかった。
これは「普段の食事」ではないですが、休日メニューにはいいよね。

ボージョレ・ヌーヴォーと楽しんだイタリアンでした。
(しかし、私は昼も夜も同じようなものを食べたことに・・・・ま、いっか)

| | Comments (8)

November 22, 2004

いただきものってありがたいけど

ひゃー。明日やっと休みだー。
でもお昼からOrganic Base Tableです!(って昨日も書いたな)
あさってもお休み取ったので、少しのんびりしたいです、はい。

昨日は思い切り「暗い」日記状態になってしまいました。すみません。
書いてるうちにどんどん悲しくなってきてしまって・・・。
でも1晩寝たら回復!(ゲンキンなやつ)
こうなったら、私が料理の腕をあげて、うならせてみせるぞ!
でも本当に久司先生のレシピ、おいしいんだもん!
薄味については何も言わない(逆に好きみたい)ので、
レパートリーを増やすようがんばります!

こないだlisamomさんのblogにもありましたが、
いただきものって困るんですよねえ・・・ほんとに。

うちが1番困っているのが「白米」のいただきもの。
だんなに実家から10キロ単位で送られてくるんです。
といっても別にだんなの実家は農業なんかではなく、
義理のお母さんのいとこが作っているというお米を送ってくれるのです。
もちろん、農薬はばっちり、精米済み。

おまけにもっと困ったことに精米した日が古いんです・・・。
いとこの人が古いのを送っているわけじゃないのです。
お母さんが溜め込んでるだけ。
冷蔵庫の中も同じで、日付が古い食べ物が充満してるのです・・・。

いまやお父さんと2人家族だっていうのに、
子供たちがいたころのくせなんですかねえ、安いものを見ると
大量に購入。冷蔵庫に眠っているというわけ。
扉を開けると、奥の明かりが見えないどころか、モノが落ちてくるありさま。
まあ、これは実家の母親も同じなんですが・・・。

そしてたまにだんなの実家へ行くと、あれこれと食べ物持たされるというわけ。
添加物たっぷりのソーセージ、ハム、冷凍食品、などなど・・
しかも気をつけないとみんな賞味期限切れだったりするし。
そてと一緒にドーンと白米が・・・今30キロもうちにあります・・・どうしようー。
賞味期限切れをいいことに、ソーセージ類は捨ててしまったり。
(ごめんなさい・・・)
最近ははっきりと「これはいらないです」って言うんだけどねえ。
でも「玄米食べてるので」って言ったら、やっぱり変な顔された。
なんでいまどき玄米?みたいな。

ああ、白米の利用法ないかなあ。食用以外で。
あまりに重くてかんたんに人にあげられない(しかも古い米だ)のがネックだわ。

| | Comments (4)

November 21, 2004

恐怖のすきやき

はあ。怒涛の1週間がやっと終わりました。
今週って水曜しか休んでないよ。
明日も朝から仕事だよ。
でも23日はお休みです。Organic Base Tableに行くんだもんね!

昨日のイベントには、だんなもちょこっと顔を出してくれました。
それはいいのだが・・・。
やはり夕食はまたもや「肉」だった。
週1回にするのはいったいどーなったんだ!
すでに今週3回目。
多すぎ!

買い物に行って大量の「豚肉」と「牛肉」を買ってきただんな。
その「豚肉」でキムチチゲを作ってくれました・・・。
私は「豚肉」には一切触らず、ひたすら白菜と大根とにらをつついていました。
はあー・・・。

で、この「牛肉」は何?
祝日に「すきやき」を作るらしい!!
かんべんしてくれー。「肉」ばかりだー!!(涙)

もともと「すきやき」嫌いなんですよ、私。
牛肉も好きでなければ、あの甘い味付けも嫌い。
料理に砂糖を入れるのが生理的にだめなんです。甘いのだめ。(マクロ向き!)
そういうわけで、「すきやき」はこの世で1番苦手な料理といってもいい。
もちろん結婚してから作ったことなんてありません。
実家にいたときも苦痛だった。
なんでこれが「ご馳走」なの?って。

しかし、なんでこうなっちゃったかなあー。
今週ひどすぎますもん。今日だってケーキ買ってくるし。
(あんなに砂糖の話したのにー)
案の定、私はまたまた発疹が・・・。
だんなも鼻水に目やに。これ絶対排出ですよ。
でもそう言ってもぜーんぜん聞きもしない。

なんか・・・・悲しいです。
もう1人だけでやろうかな、って思うくらい。
別メニュー作ろうか(そんな時間ないって)。
マクロ始める前だって、こんなに肉食べてなかったくらいなのに。
彼に何が起こったっていうのですかねえ・・・。

今日も久司先生の「四季のレシピ」見つつ料理してたのに。
でも先生のレシピって本当にやさしくておいしい。
切干大根だって、だしも何もいれてないのにこんなに甘くておいしい。
心が癒される味なんですよねえ・・・。

でもだんなはこういうメニューにも飽きがきてるらしく。
前は和食がいいって言ってたのに、乾物や海草出すと
「また?」
って露骨にいやな顔をする。
ああ、本当に自分だけに作ろうかしらん・・・。
こんなにおいしいのに・・・すごく悲しいです。

| | Comments (4)

November 20, 2004

医学的に攻めるか

昨日の夕食も、だんなが「肉!」とうるさいので豚肉を出した。
すごーく悲しいなあ・・・。
肉が出てくると、うれしそうに食べるようになってしまった。
普段うるさくていってる反動なのかなあ。
私は代わりにテンペを炒めておしょうゆでさっと味付けして食べました。
私、テンペってだーい好き♪
初めて食べたとき、豆の味がして納豆よりいいかも!って思ったもの。
でもだんなは大嫌い(前大喧嘩してからだんなには出してない)。
豆は好きなのに。納豆のほうがいいって言ってた。

だんなには「医学的に○○」みたいな話をするほうが効きます。

NHKで糖尿病の治療のことをやっていた、という話をしたら
いつになく真剣。
どうしたら糖尿病になるのか、どう治療したらいいのか、いろいろ聞いてきました。

どうやらだんなの上司が糖尿病の予備軍らしいです。
お酒がだめな分、お菓子が大好きらしく、出張で行った先で必ずドーナツやさんに
入ったり、なんとケーキバイキングに誘われたり・・・。
甘いものを食べずにいられない人は「ビョーキ」だって言っておきました。

そこで砂糖を取るのではなく、もっと身体にやさしい多糖類にすること、
果物にも果糖が多いから気をつけないといけないこと、なんかを説明。
とっても納得した様子でした。

ちなみにうちのだんな、私よりずーーっと甘いものが大好きです。
でもこないだ立て続けにアイスクリームを食べてたら、背中に発疹が出たらしい。
「アイスのせいだよ」と言っても納得してなかったようですが・・・。

しかし糖尿病の食事を見ていると、マクロによく似ている!
病気の治療だと思うからつらいのかな。
マクロの考え方を理解すれば、つらくないと思うのに。

「肉」ももっと医学的に衝撃的なニュースとか走らないかなあ。
狂牛病すら気にしないからなあ。
あ、それにヘビースモーカーでもあります。
こちらは医学的なことを言っても全然効きません。
単なるニコチン中毒です、はい。

ああ、乗り越えなければならない壁は厚い・・・。

おっとこれから仕事です。イベントです。
今夜の夕食はだんなが用意してくれますが・・・きっと肉だろうなあ・・・。

| | Comments (0)

November 19, 2004

ヴェジタリアンは変人か

うーん。眠いのう。

ゆうべは深夜残業をしていましたが、とにかく寒かった!
眠気なんておこらないほど寒かったです。
それにしても、現場のおじちゃん・お兄ちゃんたちといて思ったのは
ほぼ全員がヘビースモーカー!
作業の合間にみんなでプカプカ・・・。
寒いわ煙いわ疲れるわ・・・・三重苦?

Organic Baseのマネージャーさんのblogに世界のセレブで
ヴェジタリアン(らしい)人の名前がずらーっと出てました。
らしい、と書きましたが、本当にヴェジタリアンの人もちゃんと出てました。
って、別に一緒に食事したことがあるわけじゃないんだけどね。

久司先生の本に、かのカストロ議長もマクロをやってるって書いてあって
びっくりしました。へえー(トリビアだよね、ほんとに)。
ボーイ・ジョージの話は有名だし、ダリル・ハンナは映画「スプラッシュ」に
出演したときに、ロブスターをかぶりつくシーンで、ロブスターを植物性のもので
作ってもらったっていう話も聞いたことがあります。
カール・ルイスはヴェジタリアンの中でも厳格なヴィーガン(野菜のみで
卵や乳製品もとらない)であることも有名です。
まあ、ヴェジタリアンといっても、魚OKや卵・乳製品OKの肉は食べないよ
程度の人も含まれるのでこんなに多いんでしょうね。

それでも。
まわりを見渡して「肉は食べないヴェジタリアン」だけでもたくさんいますか?
ほとんどか全くいない、が現実ですよね。
そのくらい肉を食べるということは「魚を食べるイメージの日本人」でも
当たり前だってことです。
事実、仕事で外食しなければいけないとき、ヴェジタリアンメニューなんて
皆無ですもの。ましてやマクロビオティックなんて。

「ヴェジタリアンです」
なんて言ったら変人扱いなんですよね。本当に。
だから外食つらいです。
ひっそりとお店やメニューを決めて、ひっそりと残したりします。
(最悪は中和すればいいや!と覚悟を決めたり)
日本人なんて、世界で1番ヴェジタリアンに近かったはずなのに!

うーん、なぜだあー。

| | Comments (4)

November 18, 2004

オトコの料理

今夜は徹夜弟2弾でっす!
しかも屋外。しかも雨らしい・・・・。がんばりまっす!
でも来月も徹夜ありまっす!(それもクリスマスの日)

Organic Baseのマネージャーさんの普段の料理が紹介されて
ましたけど、料理する男のヒトって憧れなんですよねえー。
かっこいいじゃないですか、単純に。
シェフには男性、圧倒的に多いのに一般人にはなぜ少ないんでしょうね?

ちなみにわがだんな。作ろうと思えば作れます。
お母さんは働く主婦(小学校の先生でした)だったので、
子供にも食事作りをバンバン手伝わせていたらしいです。
道具好きなので、独身のときから大量の料理道具を持ってました。
(包丁、中華なべ、蒸篭、パエリア鍋まで・・・)
嫁にくるとき私は手ぶらでOK!なくらいでしたね。

そして弟。料理しないです。そのわりに味にはうるさいです。
絶対母親の育て方だと思います。
弟は料理の手伝いはおろか、食器を出したり片付けたりもしなかった。
(私はしてたけど)
「男」だから、っていうのがあったんだと思う。
私はよく母に「将来奥さんが苦労するんだから、甘やかさないほうがいい」
って言ってたんですけど・・・。

料理って、生活の基本、ですよね。
食べなきゃ生きていけない。
それに何を食べるかで、その人が作られていくんだから。
自分で考えて選択して食べていかなくちゃ。
マクロビオティック始めて、さらにそう思うようになったんですよね。

マクロでなくてもいから。
料理って頭使うし、センスも大事だし、最後にはお楽しみが待ってるし。
やってみてソンはないんだけどな。

会社の同期の男性(独身)が、料理が作りたくてマンション買いました。
中古を買ってキッチンはリフォームして。
ホームパーティは彼の手作り料理でした。
もう1人の同期の男性も、奥さんいるけど週末は腕をふるってるそう。
こんな男性、もっともっと増えるといいな。

| | Comments (2)

November 17, 2004

がんばってるね、ユニクロ

昨日、うすいターコイズ色のカーディガンを着て
会社へ行ったら、早速聞かれました。
「きれいな色だねー、それどこの?」

実はユニクロのカシミヤカーディガンだったのでした。
なぜかユニクロの服を着てると周辺からチェックが入るのです。
ユニクロと聞いて感心、値段を聞いてびっくり、な感じです。

勤務先は「ファッション」には定評のある(一応)会社なので、
社員のファッション志向も高いのですが、
ユニクロもあなどれないよなあ・・・と時々思います。

あのフリース大ブレイクのあと、一気に質が落ちたときがありました。
それまで愛用してた人が離れていったことも。
私もやっぱりユニクロは安いだけだったんだ、って思いました。

でも社長が代わってからですかねえ。
がんばってるなあ、と思うようになったのは。
モノによっては、質もよくなりました。なにしろあのプライスですからね。
カシミヤもそうです。
質の悪いカシミヤは触ればわかります。
別に縦糸と横糸、両方カシミヤ100%じゃなくても「カシミヤ100%」って
表記できるので、あんまり安いものは混ぜてあったりします。
(別に混ぜてあっても、きちんと表記すればいいと思うんですけどねえ)

あと、ノンノとコラボしたジーンズも好評でした。
サイズもまあまあ豊富だし(私は腰幅がないのでボトム選びに苦労します)
ユニクロと思われないことが多いです。

あとはデザインかなあ・・・・。
カーディガンももう少し丈が短ければ・・と思ったし、リブの部分は短いし。
残念ながらカットソーはシルエットがおばさんぽくてNGですねえ。
でも今年始めた下着はなかなかですよ。
色気はないけど(笑)、シンプルでつけ心地もよかったです。

ただし店頭はサイスや色がないことが多くてあまり使えないです。
買うならインターネットがおすすめかな。

今年の夏ロンドンでもOxford Streetに新店作ってました。
やはりある意味革命児なユニクロ。
これからもチェックしていきたいです。

| | Comments (0)

November 16, 2004

身体の中からの声を聴く

昨日もくたくたになって帰宅。
「はあ、やれやれこれから料理か・・・」
と思ったとたん、だんなが元気に帰宅。
帰ったとたん、
「おなかすいた!」
おいおい、私もすいてるんだよ。

キッチンがきれいでないと、お料理がうまくできないという
コメントがありましたが、私も汚いままだったりがちゃがちゃしてると
落ち着いて料理できないです。
しかも、背後から
「おなかすいた。一品肉料理入れて!」
なんて言われようものなら、お願いだからせかさないで!
って言いたくなるんですよねー。

かぶとかぶの葉の塩もみを作り、なじませていると
もうつまみぐいしてるし、蒸したごはんを先にぱくぱく食べてるし。
どうもだんなの会社の周辺では、ろくにお昼を食べる店がないらしく
会社にくるお弁当やさんと、飲み屋が昼間やってる定食屋ぐらいで
夕食に気合が入ってしまうそうな。
肉も赤身を油なしで簡単に焼いたものだからまあいいか。
ちょっとだんながかわいそうになってきてしまいました。

Organic Baseの奥津先生のblogにもあったけど、
人を説得することなんてできない、って。
自分から変わっていかないと、人から言われて変われるもんじゃないですよね。
久司先生の本にもあったように、玄米を食べているうちに
自然と身体が欲しいものを取るようになっていくんだと
信じてやっていかないと、と思いますね。
私たちが時々つらくなるのも、身体の要求で食べているのではなく
まだまだ頭で食べないといけない状態だからなのかも。
ごく自然に食べられるようになるのが理想かなあ。
いつかだんなもあまり肉がほしいと思わなくなるように
徐々にしていきたいですね。

あとどなたかのblogで読んだのですが、乾布摩擦でせっせと
排出を促しています。
風邪の予防にもいいかな?とも思って。
今のところ効果はわからないけど・・・とりあえず風邪とは無縁です!
みなさんは乾布摩擦やってますか?

| | Comments (6)

November 14, 2004

家の中を客観的に見る

昨日はだんなはゴルフで外出。(前日まで出張だったっていうのに
元気だなー)
なので、朝から黙々と整理整頓・掃除をしていました。

あ、私年末の大掃除ってしないんですよ。
仕事でするヒマないっていうのもありますが。
冬の寒いときに大掃除って、どう考えても合理的じゃないもの。
なのでちょこちょこと徹底的な掃除をするんです。

だんなは男性にしてはきれい好きなほうですが、
どうも整理整頓は得意じゃないみたいですね。
書斎(一応そう呼んでる)は本や雑誌が山積み。
本棚からあふれると、すぐ床に置いてしまうのです。
それは他の部屋でもいっしょで、リビングもすぐソファの
サイドテーブルなんかに雑誌や新聞などなど・・・
あっという間に山!

口うるさく言うと逆効果なので、私はただ黙々と片付けることにしたんです。

でもそれが効果的。
きちーんときれいになると、どうも本人もモノを置くのが気が引けるみたい。
置いてもその後片付けてる。
しめしめ。

まあそれは自分としても同じで、一度きれいになると気をつけますね。

そうそう、自分の家の中を写真に撮って客観的に見るとショックですよ。
自分が普段思ってる以上に「乱雑」なんです、家って。
これはテレビに一般人の家の中が映ったとき、
どこの家もびっくりなくらい乱雑なのに驚いたのがきっかけです。
日本人、外見はきれいでも家の中は汚い・・・。
自分の家もそうだったんですよねー。

これからもちょこちょこときれいにしようと思います!

| | Comments (2)

November 13, 2004

洗いすぎ

ああ、今日は気持ちいいお天気ですね!
身体の疲れはまだいまいち回復していませんが、
これでのんびりしたらすっきりしそうな感じ・・・。

全身(顔から髪まで)石鹸で洗うようになってから早半年近く。
調子のよさをしみじみと感じています。
だいたい毎日洗う必要全然ないんですよ!
髪も1日おきに洗えば十分。べたつくこともかゆくなることもないです。

でも普通のシャンプーで洗っていたころは、乾燥する、でも洗わないと
べたつく・かゆいという矛盾と戦っていました。
自分の身体がいけないんだと思っていました。
でも原因はシャンプー自体にあったんですよね。
石鹸で洗って、クエン酸でリンスする。
顔もホホバオイルでメイク落として、石鹸で洗う。
身体も汚れたと思うところだけ石鹸で洗う(なるべく洗いません。お湯だけにします)。
これで十分だったんです。

今までいろいろ買って種類揃えてなんだったかなーと思いますね。

洗濯もそう。
まわりにも冬でも毎日洗濯してる人多いです。
確かに子供がいると汚れものが増えると思いますが、
そんなに毎日毎日洗剤でがんがん洗濯する必要があるのかなあ。

日本って清潔志向が異常なくらい高いですよね。
1回着ただけですぐ洗濯する。
あんなに毎日お風呂入ってごしごし洗ってるのに、
服はそんなに汚れてないですよー。
洗いすぎると繊維を傷めます。本当です。

汚れてきたら洗う。
身体も服も同じだと思います。

| | Comments (0)

November 12, 2004

朝は排出

アラファト議長が死去しました。

また何か紛争の原因にならなければいいけれど。
中東問題は日本人の私は語る資格がないほど複雑な問題です。
久司先生がおっしゃる「世界平和」を、本当に今こそ必要だと
感じたことはありません。

ところで、ここ2日ほど朝を抜いています。
ミルクティは飲んでいますが。
意図的に抜いたわけではなくて、なんだか胃や身体がすっきりせず、
疲れた感じなんですよね。
まあ疲れがたまっているのを差し引いても、ちょっと油っぽいものを
食べ過ぎたのかもしれません。
肩こりと眼精疲労もひどいし。

なので固形物は取らず。
これって本当に珍しいことなんです。
病気でもない限り、朝を抜いたことはないんです、私。
朝はいつも食欲旺盛なもんで。
でもここのところ、本能に従うと抜いてすっきりしたかったんですよね。

結果。
だいぶ肩こりが解消されました。ラクになりました。
あと、少し胃が元気になってきました。
朝は排出だ!とばかりに乾布摩擦やヨガもていねいにやったからもあるかな。

身体の中からの声を聞くって大事ですね。

| | Comments (0)

November 11, 2004

蒸して蒸して・・・

すっかり電子レンジに頼った生活を送っていました。

実家も物心ついたときから電子レンジ使ってました。
オーブン機能なんてついてなかったころ。
もう当たり前のようになんでもチン!
当然結婚してからも同じような生活でした。

マクロビオティックで電子レンジは使わないほうがいい
(病気の人はもっと厳格に言われるらしいけど)と
聞いたとき、正直言って困ったなーと思いました。

肉がなくてもいいし、砂糖がなくてもいい。
でも電子レンジがなかったら・・・・。
もしかして私が苦労してるのは、牛乳と電子レンジかも。

しかし、蒸すことを教わってからもうびっくり、目からウロコ。
とにかくおいしいです!味が全く違いますよ!
うちにはだんなが独身時代から持っていたミニ蒸篭があって
(なんでこんなもの持ってたんだろう・・・)
野菜は蒸してたんですけどね。
野菜もゆでるより蒸したほうが格段においしいです。
甘さが違う。

ごはんもおいしいけど、パンも蒸したらこれまたおいしい!!
パンはあまり取らないほうがいいんだろうけど、
パン好き(これまた子供のころから朝はずーーーーーっとパン)
のため、せめていいパン(天然酵母・できれば全粒粉)を
セレクトしてきたのですが、焼くより蒸したほうがやさしいかなあ
と思って試したのが大ヒットでした。

きっとふにゃふにゃしたイーストのパンだとまずくなると思います。
アコルトのしっかりしたパンだと、きめが細かくてしっとり。
さめても固くならないところもびっくり。
考えてみれば、肉マン温めるのだって蒸し器のほうが絶対的に
おいしかったもんね。

これからの課題は冷めた料理の温めなおしかなあ。
いちいち鍋に戻して温めるのも面倒だし・・・。
お皿ごと蒸してみたりして!?

| | Comments (2)

November 10, 2004

ゆっくりていねいに

なーんかどうも疲れがたまっていって、なかなか取れない・・・。

今頃徹夜の疲れがきているのかなあ。
会社でもみんな疲れた様子(みんなそれぞれの日に徹夜してるから)。
眼精疲労を感じるんだよね(じゃあなぜblog書く!?)

今日も朝から吉祥寺で打ち合わせ。
お昼は久しぶりにGreen Tableでのんびりと。
ここって地下にあるせいもあってか、落ち着くんですよね。
お惣菜の紫芋のサラダが美味。
かぶの昆布煮も上品ないいお味でした。

で、食後カフェオレを飲んでいたら、男女4人のお客さんが。
どうも男性の1人はマクロビオティックに詳しく、
女性は始めたばかりのようで、いろいろ質問してました。
ふむふむ、やっぱり広がりつつあるようですね、マクロビオティック。

お昼を食べる前にブックスルーエに寄ったらクロワッサンの別冊を発見。

「やる気にさせる家事のコツ」

という本でした。
前半部分の料理部門がなかなかよく、早速購入。

料理部門、別にマクロビオティックではないのですが、
土地のものを最後まで大切に食べましょう、ってところに通じるものが
ありました。
「ていねいな生活」
が前面に押し出されていて、刺激になりましたね。

どうも、1年中時間に追われていて「ていねい」とは無縁の生活を
送ってしまいがちなんです。
本当はていねいに、慈しむように毎日暮らしたいと思っているのですが。
仕事は嫌いじゃないですが、時々仕事のせいかな、と思うことも。

今まで「いかに早くやるか」ばかり念頭において家事をしていましたが
なるべく心の中で「ゆっくりていねいに」と唱えつつやるように
してます。
きっと味もやさしくなると思うのですが。

クロワッサンの別冊、けっこう好きです。
(マクロビオティックの特集もおすすめです)

| | Comments (2)

November 09, 2004

料理本を処分した

風邪ははやっているようですね。
みなさま、お気をつけください。
私は「風邪ひかない暦」2年の記録更新中です!
(このまま更新したい!)

ところで。
先週末、キッチンの片付けをしたときに
古い料理本を思い切って処分しました。
気がつくと、ものすごい数の料理本があったんですよねー。
(本を買うのは好きなんです)

結婚した当初は、普通の家庭料理が作れず、
料理本を見ながらなんとか作っていた感じでした。
実家ではパスタとか気まぐれでしか作ってなかったし。
毎日毎日ある材料をうまく使い、制限時間内で作るって
これけっこう大変なことですよねー。

今はあまり見ずに作っていますが、オーガニックやマクロの
世界を知ってしまってからは、古いレシピが不要になってしまいました。
今よくよく見ると、和食ってどのレシピも砂糖を入れるのねー。
元々甘い味付けが苦手だったので、砂糖の量は加減して
作ってましたが、レシピ通り作るとすごく甘かったりしました。

今や「砂糖」を使うことは全くなくなりましたね。
それに調味料も大さじ1とかでなく、材料の量や状態、かおりや色
なんかで判断していれるようになりましたし。
人間変われば変わるもんだなー。

あと興味の問題もありますよね。
先日の食事会での中華料理、私とだんなは材料や味付けに
興味しんしんで2人であれこれ話しながら楽しんでいましたが、
(うちはいつもそうなんです)
何が入っているのか、全く興味なくただ飲み込んでるだけ
って人もけっこういたし。

さよなら、古い料理本!古いレシピも!

| | Comments (2)

November 07, 2004

せっかくの食事会なのに・・・

七五三の季節ですね。

甥っ子が今年5歳で、親戚で七五三を祝うお食事会に行ってきました。
例によって外食(中華料理、油っぽいし・・)でしたが、
ほとんど肉類がなく、野菜がたっぷりでちょっとほっとしました。
デザートもタピオカミルクだったし・・・でも中和しなきゃ!
年末に向けてパーティ系が増えるので、これまた悩みの種かなあ。

親戚との集まりって実はけっこう憂鬱。
別に弟家族やお嫁さんのご両親などなど、みんなと話すのは
楽しいんですよ。
でも独身のときは「いつ結婚するのか」
結婚すればしたで「子供はいつ」
仕事を続けてると「このままキャリアを続けるのか、それでいいのか」
などなどなど・・・・。
年老いた人々から容赦なく攻撃されるわけです。
「適齢期に結婚し、主婦になって子供は2人以上」
という枠からはずれた人は「違う」となってしまうわけです。

それも楽しく会食中でも平気で攻撃。
こっちはかわしますが、(若い人々はみんな苦笑・・・)」
たまったもんじゃありません。
別にいやいや仕事してるわけでなく、自分で選択したことなのに
なーんでこんなに言われるんですかねえ。
義妹は「お姉さん、いいですよ仕事あって」といいますが、
どっちがいいわけでもない、どっちもいいんです、別に。

普段仕事を持ってる人と接する機会が多いからか、
こうした意見が相変わらず(しかも東京なのに)
出てくることに驚きを感じてしまいます。
私のまわりでは、こんなこと気に留める人もいないのに・・。

独身の友人たちは、もっと憂鬱だって言います。
お正月とか帰りたくないって。
私も集まるたびにこんなんじゃあ、欠席したくなるなあ・・・もう。
和気あいあいで行きたいんだけど、ほんとは。

実家にも足が遠のきます・・・。

| | Comments (0)

November 06, 2004

Generation Gap

毎日11月とは思えないくらい暖かいですねー。

昨日は久々に職場の面々とお昼を食べに。
今週は外出が多く、会社にいないことが多かったので
あんまりみんなと話してなかった感じ。

うちの担当、20代から50代まで幅広い年代の人が
揃っていますが、時々やっぱり年代間のGAPを感じることも。

私と同じテーブルにいたのは同期のTくん、50代のKさん、
40代のWさん。なんだか話は食べ物の好みのことへ。
セットメニューのごはんが白米かかやくごはんかを選べる
ようになっていて、白米を選んだKさん(男性)は
「やっぱり絶対ごはんは白米。それにごちそうといえば牛肉だよ」
ときっぱり。
Tくんと私は「そうかなあ・・・」と疑問符状態だったのですが、
Wさん(女性)も深くうなづいていました。

やはりある程度上の年代の人は、
「白いごはんとお肉」
が豊かな食卓というイメージなんですね。そしてその刷り込みが強い。

30代の私たちは子供のころからそういうものを食べさせられて
いるわけで、思い込みってあまりないわけです。
その代わり、バブリ-な時代を思い切り満喫してますから
グルメ志向が根強い。
新しいもの、おいしいものには目がないし、さんざん食べてきたという感じ。

私の部下(24歳・女性)は逆にバブリーってなに?
ってな年代ですから、堅実だし質素。
同僚のお嬢さん(21歳・大学生)も同様に派手なところはないし、
食べるものも純粋な和食が多いし、地に足がついている感じです。

マクロやってる人って、意外と若い人(私は30代後半ですから・・・)
多いなって思っていましたが、同年代から上にこの考えと習慣を
説明することすら難しいと感じますね。
「肉を食べると元気!」「乳製品はたっぷり取りましょう」
「玄米なんて貧乏くさい」「野菜だけなんて地味」
こういう刷り込みを長年受けてきていますからねえ。

今の40代・50代がお年寄りになるころ、日本の寿命は
縮むのでは、とも思います。(沖縄はすでに長生きの県ではなくなっている)
年代格差って大きいなあー。

| | Comments (0)

November 05, 2004

妙に「縁」って感じたことないですか?
なんだかすごく感性が似ていて、感じ方も似ていて。
そういう人に会うときってあるんですよね。

最初の「縁」は中学生のとき。
偶然同じクラスになった男の子でした。
彼のことは何も知らなかったのに、彼の書いた習字のファンだったのです。
その後も妙に考え方や好みが合っていて、
気がつくといつも一緒にいたって感じでした。
受験した高校も偶然同じでしたが、二人とも不合格。
別々の高校に行き、そのときは「縁」が切れてしまいました。
実はその後再会したのですが・・・・時とは無情なもので。
「縁」は切れたままでしたね。

だんなとも不思議な「縁」だと思っています。
最初の印象はお互い悪かったんですけど、気がついたら
いろいろ相談する人になっていました。
大学時代につきあってたけど、卒業後別れて8年もたって・・・。
これまた再会し、今に至ったというわけで。
こういうこともあるんだなあ、と自分ながら不思議な気持ちでした。

そしてマクロビオティックをやりだして、それがきっかけで知り合った人たち。
これまた妙に「縁」を感じてしまいます。
似た感性の人、ほんとに多いんです。びっくりです。
ブニャンシカさんとは、同じ好みのモノが多く勝手に「縁」を感じて
しまいました(ごめんなさい)。
お会いしたこともないんですけどねえ・・・。
吉祥寺の街ですれちがっている可能性は大なんですけどね。

知り合う人の「縁」、大事にしたいです。

| | Comments (4)

November 04, 2004

1DAYクッキング

Organic Baseの1DAYクッキング昼の部に行ってきました。

先月は土曜の昼ということもあって、なんとなく似たような
年代(境遇?)の人が多かったけど、さすが平日の昼!
メンバーが全然違います。
しかも今日は「調理実習」だもんね。

まず親子が2組参加!娘さんに誘われた人が多かったかな。
もう1人、少し年上の人も。この人は姪ごさんに勧められたんだそうです。
あとおなかの大きい人も2人。うん、食生活大事ですもんね。
あとはやはり主婦の人という感じでした。
(やっぱり私が1番近かった・・・)

今日は全粒粉のうどんに2種類のソースを作って試食です。
1つはセイタンストロガノフ。もうひとつはれんこんのあんかけ。
私はストロガノフを担当。ひたすらマッシュルームとパセリを刻み
鍋をずっとかき回し・・・・。
マクロビオティックにしては強い感じです。
男性にはうけそう。

一方のれんこんあんかけはやさしーい味。
静かにマスタークックで煮込むっていう感じでしたね。

しかし私、今日とても反省。
料理の仕方が乱暴すぎました。
時間に追われているからか、せっかちな性格なのか、
ちゃっちゃと作ってばかりでした。
おだやかに作らないと、おだやかな性格にはなれないみたい。
もっと丁寧に作らないと・・・(でもでも時間がー)。

玄米ごはんがうまく炊けないっていう声が多かったですね。
実はラッキーなだけかもしれませんが、今まで失敗したことないんです、私。
水もその日によって適当だったりするんですが。
失敗する人の多くは、浸水時間が短いみたいですね。
逆に会社へ行く前に水につけとかないといけない私は、
圧力鍋で炊こうが土鍋で炊こうが、失敗なしです。

あと冷凍ごはんの暖め方の話も出ました。
ブニャンシカさんのコメントの通り、蒸すのがおすすめとか。
実は昨日から蒸すようにしてます。全然味が違います!
チンのごはんと大違いだった・・・。

今日はなんか終わったあと急いで帰る人が多く、あまり交流がなかったのが
残念でした。インターネットやってない人も結構いたし!
あと、これは個人的に感じたことですが、
主婦暦の長い人はやり方を変える(皮はむかない、切り方、調理法など)
のが難しいみたいですね。
オーガニックやマクロビオティック、始めるのに遅いことはないけど
早いにこしたことはないんだ、って改めて思いました。

| | Comments (0)

ブッシュ氏、勝利宣言

ちょっとblogのタイトルを変更しました。

私のサイトは大好きな紅茶の話がメインですが、
blogのほうは、マクロビオティックやオーガニックな話が
メインになってしまっているので、よりテーマに近い
タイトルにしたというわけです。
もちろん、イギリスや紅茶の話も登場しますのでご安心を。
というより、イギリスとオーガニックって切っても切れないくらい
つながってると思うんだけど・・・。
(でもマクロビオティックは全く普及してませんでした!
本屋さんに本もない!)

とまあ、今朝ブッシュ大統領が勝利宣言をしたという
ニュースを聞きました。
なんだ、がっくし・・・・。今度こそ変わるかと期待してたのに・・・。
ケリー氏が対抗馬としては弱かったってことなんですかねえ。

ブッシュ大統領続投で、イラク関係はますます悪化しそうですね。
新たなテロのおそれがあると、アメリカABCは報道してました。

しかし全米の地図を見ると、ブッシュ氏とケリー氏の勢力の違いが
わかって興味深いです。
東海岸・西海岸のケリー氏と中西部で圧倒的な支持のブッシュ氏と。
保守的な地方が強いというところ、アメリカも日本も同じですねえ。
日本の政治家は(特に与党は)ほっと胸をなでおろしていることでしょう。

NHKBSで「ホワイトハウス2」を見ている私にとって、
なんか日本の不透明な政治より身近に感じてしまうのです。
日本だったら政治ドラマなんて絶対放送されないだろうし。
日本の選挙、盛り上がらないもんなあ・・・。

これから4年間、またまた世界が暗くなりそうです、ほんと。

| | Comments (0)

November 03, 2004

徹夜が明けて・・・

かなりぼよーんとした状態です。

さっき昼寝から起きました。
昨日の徹夜は、仕事が思ったより順調だったため早めに帰宅。
しかし朝チェックのため、早朝に現場に入り、昼ごろまでチェックが続き。
すげー疲れました。

何やってたかって?
クリスマスの店内装飾やってたんです!(担当店の)
どんどんクリスマスの開始も早まってきて、11月に入ったばかりなのに
もうクリスマス。
いつも季節を先取った仕事をしてるため、本当にクリスマスシーズンに
なるころは、もうバレンタインのことをやってたり。
(今はお正月のことが佳境)
まあ、もういい加減慣れましたけどね。

さっきおいしい紅茶飲んだら目が覚めました。

ところで、だんなが週刊誌から拾ったネタなんですけど、
トンカツを毎日10年間食べ続けた人が死んだんだそうです。
トンカツを毎日10年間・・・・・。
でもそういう人、もしかしているかも。
やはり身体に変調きたすんでしょうね、そういうのって。
でもベジタリアンで(それが原因で)死んだ人って聞いたことないもの。

こうなるとビッグマック食べ続けた人の映画、楽しみだなー。

野菜にしろなんにしろ、偏った食生活はいけないってことですよね。
いくら玄米がいいからって、食べすぎはいけないのといっしょ。
私も日々のメニュー、バランスを考えるようにがんばってます!

あ、明日は代休でOrganic Baseの1DAYクッキングに参加するのでした。
実は料理教室と名のつくものは、参加するの生まれて初めてなんです!
きゃー。うまくできるかしらん。

| | Comments (0)

November 02, 2004

盛り付けも大事

今朝の霧、すごかったですね。
今日はゆっくり寝ようと思っていたのに、だんなにたたき起こされました。
「すごい霧だよ!見て!」って・・・。まだ6時半だよー。

というのも、今夜私は仕事で徹夜予定。
徹夜って本当の徹夜です。
明日の朝何時に終わるのかなあ・・・。
そのため夕方出社だっていうのに、こんな時間に起きてしまって・・・。
昼ねしとかないと、朝まで身体が持たないだろうなあ。
なにしろ規則正しく生活するサラリーマンなもんで(笑)。

Organic Base Tableに出席したり、Organic Baseつながりの方の
blogを拝見すると盛り付けの洗練さにはっとしたりします。
同じマクロな料理を作っても、まとめて器にドンと盛ったり
少量ではなく、大量に出したりすると、よけいうさんくささが増すのかな、と。

そこで、昨日はあらめとたまねぎのソテーやきんぴら、野菜なんでも
水なし炒め(私が勝手に命名)も、柳宗理のお皿におしゃれに
こんもりと盛ってみました。(プレスサラダは水が出るので別に)

だんなは別にコメントもなかったけど、全部たいらげてくれました。

どうも働く身としては、ぱっぱと作ってさっと出して、が多くなりがち。
なにしろ帰宅してからの時間が本当にないのです。
余裕があるときは、盛り付けも工夫したいなあ・・・。

あと大きな問題が。
電子レンジ問題です。

マクロビオティックでは電子レンジはやめたほうがいい、と
言われていますが、これが本当に難しいのです。
玄米ごはんもまとめて炊いて解凍しないと、毎日炊いている時間が
ないのですが、この解凍もお湯をわかして・・・の時間も惜しい。
忙しい現代生活がマクロにそぐわないというのはあるのでしょうが、
現実問題として困っています。

知人で電子レンジを持っていない人がいるので聞いてみたら、
「ごはんは買ってくる。家で炊かない」との回答。
・・・・・。なるほど。

電子レンジを使わずにうまくやってる方、コツを教えてくださーい!

| | Comments (2)

November 01, 2004

飽食のツケ

あらら。もう11月なのでした。
今月からずーっと年末まで、仕事が猛烈に忙しくなる!!
体力が持ちますように・・・・と毎年念じています。

しかし飽食のツケはやはりまわってきました。

土曜は何もなかったけれど、翌日の朝のバイキング(和食にしたけど)
ハンバーガーの昼食(これはもう仕方なく)・・・車の中ですでに
身体がかゆくてかゆくて・・・・。
どうやら9月の発疹といい、私は皮膚に反応がくるようです。

夕食を作っている最中にすでに手の甲に発疹が。
そのうちに腕からかゆみが始まり・・・。
夕食は軽めに、しかも一口100回噛みもしたのでおさまりました。

でも旅先では中和ひとつとっても困りますね。
多分私は陽が過多の状態で、本当なら大根おろしなど食べれば
いいのでしょうが、そんなものあるわけなく。
せっせと乾布摩擦したりしましたが。

しかし不思議ですね。
7月のロンドン、9月の軽井沢、と何もなかったのに、
いまや身体が反応するようになってしまったとは。
それより今まで溜め込んできたモノのことを考えたほうがこわいです。

今日もよーく噛みます!

| | Comments (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »