2020年2月 6日 (木)

2020別府大分毎日マラソン

やっちゃいました。痛い痛いレース。

 

今年の別大は最初から最後まで痛みと戦う辛いレースで終わってしまいました。時間内完走できたのはもう気持ちだけです(笑)。

メインレースじゃなかったら途中でやめてただろうなあ・・・実際本気でやめようと思ってなんとか思いとどまりました。

 

 

思い返せば1月の頭から違和感はあって、でもフルシーズンはウルトラにはないお尻の張りがあるのはいつものことだったので、あまり気にせずケルフケアしてました。それがひどくなったのは本番3週間前に37キロ走った後。あれ?なんか違和感から痛みになってる??完全におかしいと思ったのはハーフのレースの後半。踏み込むと鈍痛を感じるようになっていました。

 

 

そこで早めに手を打てばよかったのですが、これまたそのころ仕事で突発事項が立て続けに起こり、治療に行く時間も走る時間もなかなか取れない中、1週間前に10キロ走ってみたら痛みで全然ペースが上げられない・・・自分でケアもしていましたが限界だったようです。

で、たまたまその翌日治療院の予約をしてあったので、もう鍼をブスブス打ってもらうつもりで行ったところ、原因はお尻そのものではなく。

どうやら全体のバランスが崩れてそこに負荷がかかっていたようでした。ちょっとずつ狂っていたのが大きな狂いになるまで放置してしまったんでしょうね。その後少しずつよくはなってきていましたが、さすがに1週間では間に合わなかったようで。

 

 

当日はスタートから13度で快晴という暑くなりそうな天気。とにかく走ってみないとわからないのでアップの時に流してみたのですがすでに痛い・・・。もうこうなったら痛いまま走ってみるしかない!

出だし何も考えずに走ってみてだいたいキロ4分半くらい。ただしこのペースでどこまでお尻が持つかはわかりません。案の定だんだんペースが落ちてきました。

 

 

それでもハーフが去年から1分くらいしか落ちてないし、このまま持ってくれればベストはもちろん出ないけどそれなりには走れるかも。

しかしそれは甘かった(笑)どんどん痛みは増してきてペースがキープできなくなってきた。おまけに上半身も左側が重くて痛くて辛く、そのうちしびれてきて給水を取ろうとして倒してしまう!なんか言うこと聞かない??どうやら脱水しかけていたようで。

 

 

 

思い切ってペース落としてしっかり給水したらいくらでも飲める!相当脱水してたんですね。それからはエイドごとにがぶ飲み。

30キロ地点で2時間20分くらい。去年より4分くらい落ちてるか・・・なんとかキロ5キープできたらと思っていたけど、もはやジョグペースでも痛くて走るのがやっと。別大は32キロくらいから37キロくらいが1番きつくて心が折れる場所なんですが、もうこれ以上走れないんじゃないかとネガティブモード全開になり。でも周囲ものぼりを歩く人はいてもやめる人なんていない。ジョグでも走れてるなら40キロの関門クリアできれば完走はできる。

 

 

辛い2回目の折り返しを過ぎて35キロ通過してふっきれました。とにかく完走だ!途中でやめたら絶対後悔する!この先の住宅街は地元の応援が1番すごいところ。毎年勇気とパワーをもらっていますが、今年も名前を呼んでくれる人、ナンバー呼んで応援してくれる人、とにかくすごい。この人達の前であきらめるわけにはいかない。

 

 

 

40キロ地点を関門7分前に通過できてやっと少しほっとしました。でもそこを少し過ぎたところで倒れてるランナーが。周りが介抱してたけど大丈夫だったのかなあ・・・最終関門はクリアできてるけど。最後の41キロエイドでも給水がぶ飲み(笑)こんなところで今まで飲んだことなかったのに。

 

 

痛くて最後のトラックダッシュもできなかったけど、完走できて本当によかったー。しかしお尻が痛い以外はどこもダメージがなかったのが悲しい・・。毎年悩まされる肉刺も今回はまったくできず!(シューズとソックスは変更してません)どこかが改善されるとどこかが引っ掛かり。うまくいかないものですね・・。

 

 

いろいろ反省たっぷりなレースになってしまいましたが、来年は気持ちよく走りたいなあ。参加資格が変わらないことを祈るのみです。

 

| | コメント (0)

2020年1月22日 (水)

4年ぶりのハーフマラソン

すごーく久しぶりにハーフマラソン走ってきました。赤羽ハーフというもの(初めて知った!)どのくらい久しぶりかって4年ぶりかな・・。でもそれも距離がいつも怪しいフロストバイトなので、公認ハーフだといつ以来だろう。

 

よくフルマラソンの前に調整としてハーフを走る人は多いのですが(私も以前はそうでした)私の場合あまりというかほとんど相関関係が見れらず。ハーフがよくてもフルはいまいちだったりその逆もあって、わざわざ大会で走らなくても近所で同じような距離を走っておけばいいかと。でも去年あたりからちょっと真面目にフルも練習したし、今シーズンはもう少し短い距離も走ってみようかなと思って。それに向けての練習はもちろんしないんですけど。

 

 

駅についてぞろぞろランナーが案内に沿って歩いているのも新鮮だったし、荷物預けに並ぶのも新鮮だったし(笑)知った顔は全然いなかったし(実はいたんですけどね)場違いなアウェイ感満載。前日は雪が降ってかなり寒かったのに当日は快晴でほぼ無風。これは暑くなりそう・・・。とはいえハーフなのでスタ-ト前に水分補給しただけ。

 

 

スタートはウェーブでしたが私がいたBは陸連登録女子とその他もろもろ。多分申告タイムで分けているよう。たまーに仮装(といっても被り物程度)はいるけどほぼガチランナー。なんかこういう整列も新鮮(笑)。

スタートしたら全然進まず最初は歩き、その先も歩いたり走ったり。前日の雨の水たまりがあると渋滞でストップ。そんな大会も久しぶりだなあ・・。あまりの混雑ぶりに早々にタイムはあきらめましたが(笑)。

 

 

しかし単調な荒川を21キロちょっと往復で距離だけ見れば本当に短いのに辛いこと辛いこと。

単調なのがつらいのではなく暑さとペースを頑張ってキープする辛さ。なかなかゴールにつかないのはどんな距離でも等しく感じるのかも。

やっとの思いでゴールしてネットで1時間33分41秒。んー、時計見なかったけどもう少し行けたと思ったんだけどなあ。平均ペース4’26で最初の1キロペースがひどかったことを考えてもフルはどういうペースで行こうか・・・このペースは無理だけど。こういう検証には自己練習じゃなくてレースはいいのかもしれません。

 

 

 

しかしあっという間に終わってしまうレースはその後腹ごしらえして遊びに行く余裕もあるんですねえ(笑)脚のダメージもないし。

辛かったけどやっぱりこういう場も大事だしますます基本に帰ろうと、しみじみ感じました。結果はともかくとしてしっかり練習すること。なんか最近マラニックとかすっかり行かなくなっちゃった・・・まあそれどころじゃないんですけどね。

あ、この大会でもVFたくさん見ました。特にトップグループは全員履いてた感じ。逆に私に抜かれるVFもいて慣れてるとか使いこなせてるとかでかなり違うんだなあと実際に見て思いました(笑)。

来年も1本はハーフも出よう。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

心拍数

毎年のことながらこの時期は苦手なフルシーズン。去年もこの期間をなんとか耐えぬいたんでした・・・。

今年は今のところ暖冬で雪で走れるところがないとか、そういうことがないだけラッキーですが、日本海側も山も積雪が少ないのは心配ですね。

 

 

ところで以前のGarminがベルト破損で新しいのに変えてちょうど1年ほど。

日常生活でも走ってるときでも心拍数が確認できるのはいいですね。体への負担の目安になります。

私はどうも心肺機能が弱く登りとかペースを上げると本当に苦しくなるのですが・・・心拍数が簡単に180近くになってしまうことが判明。

LTペースを考えるとこの心拍数はどう考えてもオーバー。どうりで苦しいわけです。特に寒い時は冷たい空気が入ってきて喉も肺も辛い。

 

 

 

しかしフルを2時間40分台くらいで走る友達は私よりキロあたり1分近く速いペースで走っても、心拍数はそう高くない。

180なんて出ない!とまで言われた・・・。ほかの同じくらいのタイムのランナーも心拍数低い。うーむ。これが実力の差??

たぶん安静時心拍数も私よりかなり低いんじゃないかと思います。登りが強いランナーってもともと心拍数低い人多いですもんね。

 

 

 

今話題のナイキのシューズも、心拍数に余裕があるランナーなら向いてるんじゃないかと思います。勝手にスピード上がっても走れるエンジンがあればそれはタイムが縮まりますよね。たぶん私なら勝手にスピード上がっても苦しくて走れなくなると思います(笑)脚やシューズだけの問題じゃない感じ。

 

 

 

先日教わってHIITもやってみましたが、筋トレの後だったからかさらに筋肉痛が増して(笑)やる以前の問題か・・・。

いやいやそうすぐには効果は表れないはず。といいつつお尻やハムの凝りがあって結局その後やれてないんですけどね。

 

 

 

なかなか改善しないですねえ・・フォームの無駄をなくしたらマシかとか検証してみてるんですけど。短期間で変化ないですからね。

そうこうしているうちにウルトラシーズンになってしまうと、心拍数のことは忘れてしまうので(笑)。これじゃ毎年進化がないわけだなー。

もうちょっと心肺鍛える練習続けてみようと思います。

 

 

| | コメント (0)

2020年1月 7日 (火)

2020年

2020年になり初めてのブログ更新です。

しかし2020って数字としてまじまじと見てみるとすごいものがありますね。近未来というかかなり21世紀感があるというか(笑)

そのわりに自分は変化しているのかなあ・・・と思ってみたり。

 

 

2019年末もいつものように航空公園で年の瀬フルを走ったり、でもいつもの冬より天気が悪く意外と走れなったり。

新年も去年と同じく七福神をめぐって朝から晩まで走ってみたり・・・でもメインは2月のフルがメインなのですが、いまいち調子が上がっていないというか。質の高い練習が踏めていない感じがします。もう1か月ないのになあ・・。

 

 

しかしいつものお正月と決定的に違うのは実家に帰る、ということがなくなったこと。それも永久的に。もう両親はいなくなり実家もないということにいつ慣れるのか・・。この喪失感は経験してみないとわからない。母がいなくなってしまったということについてはいまだに実感がわかないけれど、でも家がなくそこに母がいないという事実はある。毎年これを感じることになるのか・・・。

 

 

それはさておき。

新年にあたり今年のランをどうしようか考える時期ではあるのだけど・・・少し前にFBで書いたように初心を思い出す1年にしたいと思います。

もっと真剣に「走る」を考えてあれこれ試行錯誤していたころ。練習も今よりずっと真面目にしていたなあ・・・。

いつの間にかだいたい走っていればなんとかなるレースばかりに出るようになり、不甲斐ない走りでも距離さえ踏めば満足するようになってしまい。最初のうちは遠くまで自分の脚で来た感動や人間の能力に感心したりしていたけれど、練習せずにこなしているだけになり達成感も感じることが少なくなって、ただ友達に会いに参加しているようにもなり。あ、もちろん全部がそんな状況じゃないんですけど。

これじゃいけない。何のために走っているのかわからなくなってきたりして。

 

 

 

 

もっとチャレンジングな大会で必死に練習積んで、でも玉砕したり挫折感を味わったり、そういうのが必要なのかなと。

失敗って避けたがるけど、でも自分を成長させてくれるものだと思ってます。

失敗して悔しいからいろいろ考える。くそー!と思ってどうしたらいいか人体実験してみる。そういうのが大事。

そういう基準でレースを選んで真面目に取り組む、っていうのが今年のひとつの目標なのかな。数字じゃないけど。

そんなことをつらつら考える1月なのでした。

今年もよろしくお願いします。

 

| | コメント (0)

2019年12月13日 (金)

Stravaを使ってみる

先日Jognote終了のお話を書きましたが・・・・2年前にアカウントを作ったもののたいして活用していなかったStravaに再ログインしてみました。Stravaはreliveとの連携ができたので使っていたのですが、この2つも断絶してしまったようで・・・あ、サービスは続いていますが。

しばらく様子を見ていたら続々とJognoteから移ってきた人が始めていて(笑)みんな考えることは同じだなあと。

FBにもありますが、こちらにもJognote難民の会なるグループができて、あれこれ情報交換しています。今までよく知らなかった機能もわかってなるほどなあとあちこちいじってるところです。

 

 

いったんGarminとの連携をやめてみたものの、使ってみないとわからないしと思い直し、ここのところStravaにデータを送ってみています。

Garminのストップボタンを押すやいなや着替える前にすでにアップされているという早さ(笑)。スマホからは編集機能で写真やコメントを入れることができます。でもPCからはできません。なんでPC版に編集機能ないんですかねー。ほかにもPCではできるけどスマホではできないこととか、いろいろなぞはありますが、とにかくいじってみないと。

 

 

 

おまけに1回ごとの投稿に細かい分析がついてきます。有料会員だったらもっと詳細が見られるみたいですけど。Garmin connectでも分析は見られるのでここで見なくてもいいといえばいいんですが、何日分とかまとめて見るにはいいかも。でもただの疲労抜きジョグに分析なんていらないな(笑)。

 

 

 

あとPC版ではカレンダー機能があって、過去4週間どうトレーニングしたとか見られるのですがスマホにはなく。うーん、1回1回の分析よりこの流れを見たいんだけどなあ・・。あとやたら競わせる(笑)同じところをどれだけ速く走れたかとかも私にはどうでもいいんだけどね。と、まあ一長一短というか必要なもの不必要なものいろいろありますね・・・。

結局流れを見るために手帳にも簡単に移してってやってますが、忙しくなったらためてしまいそう・・。まあまめに書くのはフルシーズンだからなんですけど。

 

 

 

ある程度データがたまらないと何とも言えないので、しばらくいろいろ並行して使ってみます。また何か気づいたらアップしますね。

 

| | コメント (0)

2019年12月10日 (火)

黒山・鎌北湖駅伝

短距離ゼーハーが苦手な私、リレーとか駅伝とかは数えるほどしか参加したことがありませんが・・

先日とある駅伝になぜか参加してきました。だいぶ前にメンバーに誘われてよく考えもせずOKしたのですが。

仮装リレーみたいなのしか出たことない私、大会の数日前に走るコースを知って唖然。全部のぼり!!4キロくらいしかないけど。

開催地が埼玉県越生町だから平地があまりないのは推して知るべしなんですけどね。それにしてものぼりばっかりとは・・。

おまけに参加チームは現役高校生や大学生の陸上部、ほぼ実業団の一般人に警察に自衛隊・・・女子チームは学生、一般で各3チームのみ。いやあ、えらいところに来ちゃったぞ・・。

 

 

 

スタートとゴールが同じ周回リレーではなく、ワンウェイのちゃんとした駅伝。6区までありますが、4区のスタート地点まではほかのチームの4区ランナーと一緒に車で送ってもらいました。平坦だと思ってた3区ですらアップダウンの連続。4区はどうなることやら・・。

他のチームの4区ランナーは元高校・大学と駅伝選手だったり、ロードもトレイルも速いエリートランナーだったり。私みたいに寒いからってタイツ履いてる人なんていないし(笑)。ランシャツランパンのランナーもたくさん。選手の先導はパトカーや白バイですから!!すごーい。

 

 

 

そのうちアナウンスがあってトップランナーがやってきた!高校駅伝の埼玉代表として出場している名門校の陸上部がワンツー。たすきを渡すとその場で倒れこむ!ひゃー!駅伝みたい!(駅伝なんだけど・・・)わくわくしながら待っているとほかのランナーはどんどんたすきをもらって走っていってしまいます。そのうち残り全員が呼ばれ。この駅伝繰り上げスタートもあって、トップから20分経過するとたすきがつながらないのです。マジ??だってトップ速すぎるのに!

 

 

でもその時うちのチームが来た!!無事たすきを受け取って最初から全力で走る。全力でも遅いけど(笑)。しかしコースはよくわからないし、すでにランナーはばらけて誰もいないし。アンカー6区に渡るときにも繰り上げスタートがあるので、ここで私が頑張らないと最後までたすきがつながらないかも!と思うととにかくひたすら全力。でものぼってるから遅い・・・。

 

 

しかし意外と応援してくれる人がいてびっくり。ただ苦しくてとても応援に応えられないので、手だけ挙げて感謝の気持ちだけ伝える。と、前に心が折れたのかやる気がなくなったのか、男子学生がのろのろジョグっていてあっさり抜く。なんでこんな短い距離なのにジョグってるんだろう。故障している感じには見えなかったけど。

本当はこういう時こそランニングウォッチの出番なのにただの時計扱いでさっぱり距離がわからない。と、あと1キロの看板を持った人が立っている。あと1キロかー。長いな(笑)。やっと前方が見えてきて無事たすきを渡して任務終了!倒れこむまで追い込めませんでした(笑)。

 

 

 

実はゴールは4区のスタート地点、つまり4キロ戻ればそこがゴールなので送迎してもらわずにダウンジョグしながら戻ることにした。

さっき応援してくれていた人たちがアンカーの応援をしていたので、お礼を言いつつ走る。うーん、やっぱり往路は登ってたんだな。帰りはなんてらくちんなんだろう。トップクラスのゴールが見えなかったのは残念だったけど、久しぶりに必死に走る姿を見れたこと、そして自分も1人では絶対できない必死な走りができたのは楽しかったなー。

 

 

 

終了後の閉会式では優勝旗や優勝カップがちゃんと持ち回りなことにもびっくり。さすが今年で53回目の歴史ある駅伝だけある。

そしていろんな発見もあってなかなか有意義でした。当たり前だけど走り方から何から長いのとは全然違うから。

お誘いいただいたスポーツエイド・ジャパンの舘山代表、そして一緒に走ってくださった皆様ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年12月 7日 (土)

Jognoteの終了

ご無沙汰しております。すっかり寒くなってしまいました。

9月に「うつくしま、ふくしま。」を完走した半月後、入院中だった母が亡くなりました。

とにかくバタバタしていて9月からずっとあまり走れる状況でもなく、もちろんブログを書く状況でもなく。

残念ですが、11月のメインレースもあきらめざるをえませんでした。

 

 

今は元の生活に戻り、気持ちを入れ替えて来年の次のレース(ガチフルですが)に向けて少しずつ練習しています。

周囲の皆様、出るはずだったレースの関係者の皆様、ご迷惑とご心配をおかけいたしました。

 

 

そんな折、今まで10年以上使っていたJognoteが来年3月で終了するとのショッキングなニュースが・・。

えー、マジですか??走り始めたころのまだランシューも履いてなかったころからつけていたツールだったのに。

そのころの日記を読み返してみたら懐かしいこと懐かしいこと!一生懸命走ってたなあ、でもとにかく楽しんでたなあと読みふけってしまいました。この日記はダウンロードできるそうなのですが、いったいどこにどう保存すればいいのか。

 

 

ウルトラはともかく、フルの練習の記録は後々役に立っていました。前年どうやって練習してたっけ?と振り返るのにぴったりだったし、進捗状況もわかったし、ブログには細かすぎて書かないこともここには書いてましたから。

 

Jognoteがよかったのは、ただ走った距離やペースだけでなく、その時のコンディションとか状況とかもコメントとして記入していたから。実はそっちのほうが重要で、たとえばラン後にどこかに違和感あったとか、疲労がすごかったとか、故障につながるきっかけも発見できたんですよね。月間走行距離や累計走行距離に意味はないと思っている私には、この自由な記入欄がよかった。またスマホからぱっと書けたのもよかったです。いちいちPC立ち上げないといけないなんて、絶対続かなくなっちゃいます。

 

 

 

それにしても・・・・こうしたツールって突然の終了のリスクはどこにでもあるんですよね。

今書いてるこのブログだってどうなるかわからないし、実際ブログを含めたほかのサービスも次々終了しようといています。GPS連動のアプリと接続させたら今までのGPSデータが一気に流れて(汗)プライバシーだだもれ状態になり、あわてて連携ストップさせました。

どこをいつ走ったか、地図付きで公開されてしまうことに私はやっぱり違和感を感じてしまいます。個人情報にうるさい人たちもあそこであんなにデータ流してて大丈夫なんだろうか??と心配になってしまうほど。実際ビッグデータとして使用されているようですけど。

 

 

 

今、FBで友人たちと次どうしようかと話してるところですが、とりあえず私はアナログな手長を用意しました(笑)。

まあ手帳だっていつまでも残るわけでもないけど、こちらは自分で破棄しない限りは残るわけだし。意外にもアナログ派は多かったですね。

 

 

 

と、Jognoteを読み返してみてふと、これも全部いつまでも残しても意味ないのかもとも思うように。

実は母の死後、実家の荷物を片付けていた時も同じことを思ったのです。あの時は確かに懐かしかった。だけど、この懐かしさは私だけのもの。私がいなくなったら?ほかの人が見ても何も感じないだろう。ラン関係のグッズやパンフレットなどもかなり処分したのですが、それも私以外の人には意味がないものだろうから。それはこのJognoteの日記も同じかな。

 

 

 

せめて全部読み返してみて、必要なところだけコピーして、でもいいのかなと思います。まあ来年3月まで猶予期間はあるのでゆっくり考えよう。それにしてもネット界に漂う不要な記事・・・この先こういうものが問題になってくるのかも。

 

| | コメント (0)

2019年10月 2日 (水)

2019うつくしま、ふくしま。ジャーニーラン251km(~ゴール)

背炙山レストハウスでどれだけ寝てたのか・・・1時間くらいかな。空腹で目が覚めた(笑)。気づけばまわりのシートは同じように寝てる人でいっぱい(笑)外のイスでも寝てる人が。とりあえず起きていろいろいただく。カレーライスとかヨーグルトとか・・・あと何食べたかなー。少し眠気が取れたので、同じように起きたしぶしぶと再スタートすることにした。池ちゃんはまだ寝てたけど(笑)。

 

 

ここからしばらくアップダウンがあってその後はずっと下り。しぶしぶはあっという間に飛ばしていって見えなくなった。まあもう動物の気配はしないしなるべく脚を使わないようにしてゆるゆると降りて行く。

一度下りきったところで右折。ここからが長い・・・下り基調だと気が緩むのかまた眠くなる。はっと気が付いたら目の前にトンネルが。黒森トンネルだ。ぼーっとしてるうちにここまで来てた(笑)。

そこから似たような曲がり角を何度も曲がりながら何もない田園風景を行く。うっすら明るくなって見えてきてるけどいったいどこがどこだかわからず不安いっぱいで走る・・・後ろからまた誰も来ないじゃん!

 

風情のある旧道の商店が立ち並ぶところに次の左折ポイントが。国道だけどすごく狭い道を左折してしばらく行くとがんがん登り坂になる。確かに目の前に山がそびえたってるけど・・・ここを越えないと猪苗代湖にはつかないのか・・・。やっと湖のほとりらしきところが見えてきて、コースは右折だけど私はちょっと左に行ったところにあるトイレに寄ることに。背炙山からここまでトイレも1つもない。ここを過ぎるとまた当分ない・・。

 

 

トイレから結構行った先の右手にやっとエイドが。CP12舟津公園駐車場(221.7km)朝6時。朝の猪苗代湖がきれい・・・。

到着すると休憩が済んだしぶしぶがエイドを出て行くところだった。ここで池ちゃんをまねしてカフェオレを作ってもらう(笑)。ただのホットコーヒーに自分で牛乳を入れただけなんだけど。朝のカフェオレはおいしくてしみる。

ここでスタッフのヤスミンに全体13番目、女子2番目と言われる。結構びっくり!昨日、おとといあんなにいたランナーたちはどこへ??女子2番目って(1番は誰だかわかってるので)いつ抜かしちゃったんだろう??

 

 

この最後のエイドを出てあとは郡山のゴールまでひた走る。とはいえ、まだまだアップダウンが続く・・・登りは歩きが入っちゃう。疲れもあって三森トンネルまでの登りはぼーっと歩いたりたまに走ったり。トンネル抜けたら下り基調だからトンネルに走ってから走り始めた。

と、後ろからすごい勢いで来るランナーが(また!)。今度は誰かと思ったら後半上げてきた池ちゃん!胃腸が復活したらさすがの走り!

トンネルを抜けたらすごいガスと雨で別世界!気温も低くて思わず持っていた薄いウィンブレを着る。

 

 

あんなに走れなかったのに颯爽と前を行く池ちゃんに着いていったらなんだか走れるようになってきた!ループをぐるぐる降り、休石温泉手前のトイレに寄っているうちに池ちゃんは先に行って見えなくなってしまった・・・また1人だ(笑)。

ここからが実は長い・・・だいたい20kmくらいなんだけど、歩道が荒れて走りにくいのと雨で水たまりがどんどんひどくなっているのと、地図にはまず現れない細かいアップダウンがあるのと・・・でもあの灼熱よりはずっとマシだ!

 

 

東北自動車道の下をくぐってもう少し行った交差点の先にやっとコンビニが。でももう飲み物もいらないし用はないのでスル-。

あとはひたすら直進・・・長い。やっとやっと線路が見えてきて左折。郡山駅過ぎたらもうすぐ。

まねきの湯に着くころには雨は止んでいた。9月16日10時26分、ゴールのまねきの湯到着。いやあ本当に疲れました・・・。

 

 

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

2019うつくしま、ふくしま。ジャーニーラン(~背炙山レストハウス)

CP8の無人駅・翁島駅で周囲を虫に囲まれながら30分ほど寝ている間に、池ちゃんが着いていたらしく起きたらばったり。

私は寝る前の食べかけのおそばを食べていて、その間に池ちゃんが先にスタート。歩いてるから追いついてきてね、って池ちゃん速いからなあ。

この無人駅、単線なので時折両方向の電車がやってきますが、なにしろエイドのすぐ先が駅のホーム(笑)。そのまま郡山に帰れるので何人かここでリタイアして電車に乗ってきました・・。駅エイドはリタイアしやすいので要注意ですよね。まだ電車あるし。実はこの大会、駅がCPがいくつかありまして。前半の福島駅、CPじゃないけど二本松駅や去年エイドだった本宮駅、この先に会津若松駅もあって心が弱っている時は本当に気を付けないと・・・。

 

 

ここから踏切越えてその先を左折したらしばらく道なり。7号線を走ります。

夜になって涼しくなったのと仮眠して少しすっきりしたのもあって、走れる走れる。初日ほどのペースでないにしても昼間がうそのように走れます。ここも緩くアップダウンがあるんだけどあまり気にならない感じ。しぶしぶ、池ちゃんたちがセブンで休憩しているとは知らずスルーしてしまい、私は左折したずっと先のローソンで休憩してました。ここのローソンはイートインスペースが広くてゆっくりできてよかったです。私の他に2人ほど休憩してました。

 

 

八田交差点で右折するとだんだん会津若松に向かって下り基調に。結構気持ちよく走れます。しぶしぶはどんどんスピードを上げてとっくに見えなくなったし、池ちゃんはまた休憩していて後から追っかけてくるという感じでこの辺もなんとなくずっと1人。

会津若松市内の灯りが見えてきます。この先交差点で2回曲がるのですが、暗いと交差点名がよく見えなくてロストしちゃうことがあります。なので私はその近くの暗くても目立つだろう建物や施設、お店を目印にするようにしてます。(だから通過する時間帯によって気を付けるところが異なってくる)

 

 

白虎隊記念館にたどりつく前にも自販機で給水。まだまだ暑いです・・。記念館前には今年もスタッフをしてくださる五島さんが1人ランナーチェックしていました。ここは無人CPなのですが、五島さん、1人で長時間大丈夫なのかな・・・。でも五島さんの顔を見るとほっとします。

ここで右折して一路会津若松駅のCPへ。CP10JR会津若松駅前(185.2km)22時22分。

 

 

 

ここから観光地会津若松の商店街(でもやってないけど)向けて鶴ヶ城の手前で左折。ここも暗いと目印のお店に気づきにくいかも。鶴ヶ城は近くにいかないと何も見えないし、他のお城とは違います。今年はここのCPがなくなり直進して東山温泉方面へ。

奴郎ヶ前交差点の手前のセブンイレブンに寄ったけど他のランナーにはまったく会わず・・。会津若松駅で後から来たランナーたちは全然来ない感じ。ここから東山温泉の宿の前を左折していよいよ背炙山に登っていきます。実は数年前会津観光した時にこの宿に泊まりました(笑)。

その時はまだこの大会はなかったんですけどね。だから入口はよく知ってました。

 

 

ここから約10km舗装路ですが峠をひたすら上っていきます。真っ暗・・・ひたすらくねくね。でも津軽の竜飛ほどのすごさはなかったかな。

それより深夜だからか、歩いているからか、睡魔に襲われて朦朧としながら・・・まあ2日目の夜なのである程度仕方ないんだけど。あちこちで獣の気配がするわ、木から何かがどさっと落ちるすごい音がしたり、突然風力発電が音を立てて動き出したり・・・へたなお化け屋敷より怖い!!しかも眠すぎて草に突っ込んだり気づけば側溝に落ちていたり。擦り傷で済んでよかったー。

 

 

だんだん平らになってきたな、と思ったらいつしか横に歩道が。公園のように開けてきました。レストハウスの案内看板を見つけて登ってやっと到着!!CP11背炙山レストハウス(199.5km)9月16日1時33分。

もう寝る!!とにかくまずは寝たい!飲み物と冷奴をいただいたら即床に敷いてあるシートの上に転がります。先客2名がすでにいびきをかいてました(笑)。

 

 

 

| | コメント (0)

2019年9月29日 (日)

2019うつくしま、ふくしま。ジャーニーラン215km(~翁島駅)

さて、前半122km終えてしばらく休憩、後半の地図と入れ替えて新しく電池も入れ替えて・・・。でやれやれと再スタート。

どんどん気温は上がり、太陽は上になり、日陰がなくなってくる。最初は左側の歩道を走ればまだ何とか日陰はあった。

そうだ、どこかで朝ごはん食べなきゃというわけで途中ファミマに入る。確か事前に調べた情報だと向い側にセブンがあったはずだけど・・ない。

やっぱり日々変化してるんですよね。鵜呑みにしたらいけないなあ。洋服の青山が見えたら右折。とたんに日陰がなくなる。

 

確かこの国道49号線って少しずつずっと上っていたような・・・あと地下道とかがやたら多くて階段上り下りしてるくせに全然進んでない。

とにかく暑くてコンビニを何軒か寄って凍った飲み物を探すんだけどこれが全然ない。(あとで誰かがもう夏じゃないからなかったのでは、と。確かにそうかも!)

脇道に入る最後のコンビニでもアイスを調達、冷たい飲み物も買うけど果たして持つのか・・・。

 

 

交通量の多い49号と違って旧道に入ったら本当に静か。確かに安心して走れるが、なにしろ暑い!!!両脇がずっと田んぼで日陰ゼロ。無風。曲がってしばらく行ったところに自販機があったけどそれっきり何もなく。気持ちがいい季節なら最高の景色なのに今は灼熱地獄。もうだいぶ前からあまりの暑さに全く走れずひたすら太陽を浴びてのろのろ歩くだけ。

コンビニで買ったかちわり氷はあっという間に溶けて水の残り少なくなってきたけど、なにしろ買うところも何もない。磐梯熱海は温泉観光地なので何かあってもよさそうなのにない・・・。と、やっと商店が出てきて自販機が!!思わずコーラ1缶一気飲み。そこからエイドまでたいした距離はないはずなのに干からびそうになって、やっとCP7ケヤキの森足湯(140.3km)13時31分。休憩が多かったとはいえ18kmくらいに3時間もかかってた。

 

ここは文字通り足湯があって、普通のお客さんはみんな足をつけてのんびりしてたけど、こっちはお湯なんて見たくもないというか(笑)。

日陰で水分補給、果物がおいしかったー。道路を挟んだ向かい側には暑さで横になって休んでいる人が。みんなここまででバテバテなんだよね。ここでアームカバーをしっかり濡らし、水かけ用に水道水をもらいスタート。また49号に出る前にセブンにいってトイレ。

この先も日陰がなくほぼ歩き。あまり記憶がない感じ・・。時折腕に水をかけて走ってみると涼しいんだけど、それ以上に暑くて走れなくなる。その繰り返し。やっと中山トンネルまで来た!日陰だー!

 

 

やっと涼しくなって久しぶりにトンネルを走っていると後ろから抜いて行く人がいる。あれ、まねきの湯で寝てたしぶしぶだ。ここからしばらく猪苗代湖から次のCPあたりまで一緒に歩いたり走ったりすることになった。小坂山トンネルの脇道を抜けると目の前に磐梯山が!!猪苗代湖とマッチしてなんともいい風景。暑いけど、お天気のおかげでこんなにいい光景が見えるんだ。しばし撮影タイム。

 

 

その先のセブンイレブンでまたアイス休憩。いったいいくつ食べてるんだろ。そろそろ陽も傾いてきてるのにいっこうに涼しくならないうえに、西日に向かって行くのでまぶしくて暑い。西久保三叉路で右折してしばらく行くと激坂。このあたりでやっと暗くなってCP8翁島駅(164.6km)18時17分着。すぐ手前のヤマザキショップは19時半まで営業していたらしい(情報)。

 

 

もう昼間のあまりの暑さのせいかエイドで食べていても眠くて仕方なくこの無人駅で少し寝ることにした。

外にシートが敷いてあったけどさすがに日没後汗をかいた身体で寝ると寒いので、待合室の隙間に敷いてもらってとにかく横になる。

今思えばここまでが1番きつかったかも。2日目の夜が来た。

 

 

| | コメント (0)

«2019うつくしま、ふくしま。ジャーニーラン215km(~まねきの湯)